【大人の人間関係】困った上司や同僚の被害をなくす5つのコツ

人間関係

 

大人にとって最大の悩みは、人間関係です。会社にせよ近所づきあいにせよ、ウマが合わないからといって縁を切るわけにはいきません。「常識」や「普通」は人それぞれだし、上下関係や利害関係も複雑にからんできます。大人だからこそ、大人としてちゃんとしないとと思うからこそ、人間関係の悩みが尽きないとも言えるでしょう。

 

大人の悩みは大人力で乗り越えるしかありません。今回は会社における人間関係にスポットを当てて、困った上司や同僚の被害を極力少なくして、会社の人間関係が劇的に楽になる5つのコツを伝授いたします。

 

【会社の人間関係が劇的に楽になる5つのコツ】

その1「面倒くさいことを言ってくる上司はおだてて黙らせろ」

その2「上司のいきなりの爆発や前言撤回は気象現象だと思え」

その3「不機嫌なオーラはあえて気づかないフリで受け流そう」

その4「すべての部下に同じだけの期待をかけても疲れるだけ」

その5「職場のグループと無関係で過ごしても何の支障もない」

 

それぞれ、簡単にご説明いたしましょう。自分なりにアレンジしたり発展させたりしてみてください。つらい状況を変えるのは、あなた自身の気合いと行動と発想の転換です。

 

その1「面倒くさいことを言ってくる上司はおだてて黙らせろ」

 

書類の書き方にせよ仕事の進め方にせよ、ダメ出しが大好きな上司は少なくありません。至らない部分は反省するとして、必要以上のダメ出しは、上司の側が「したいからしている」だけ。「もっと俺を評価しろ!」と叫びたいのでしょうか。相手の都合や気分で繰り出されるダメ出しにおびえる必要はありません。「言いたいんだな」と受け流しつつ、「課長の的確なご指摘、いつも感動してます」などとおだて続ければ、そのうち静かになるでしょう。

 

その2「上司のいきなりの爆発や前言撤回は気象現象だと思え」

 

男性でも女性でも、感情の起伏が激しいタイプの上司はいます。「なぜそういう反応になるんだろう……」と相手を理解しようとするのは、無駄な努力。こっちの接し方で機嫌をコントロールできるものでもありません。ゲリラ豪雨や雷といった気象現象と同じだと思って、必要に応じて「傘を差す」などの対処をしましょう。振り回されるのは、無理にしがみつこうとするから。手を放してしまえば、空回りしている相手を冷静に見ることができます。

 

その3「不機嫌なオーラはあえて気づかないフリで受け流そう」

 

ちょっと注意すると、露骨にムッとした表情を見せる後輩や部下。ただ、顔に出すタイプは、演技力がなくて正直なだけとも言えます。顔に出されたからといって、自分がとくにひどいことを言ったとか、相手がとくに傷ついたと思う必要はありません。もちろん社会人としてあるまじき態度ですが、相手が勝手に損をしているだけ。不機嫌なオーラは、あえて気づかないフリで受け流しましょう。人は、こっちのイメージどおりには反応してくれません。

 

その4「すべての部下に同じだけの期待をかけても疲れるだけ」

 

どこの職場にも「もうちょっとどうにかならないのか」と、もどかしさを覚えさせられる部下がいます。そう思ってしまうのは、自分の中に「期待値のライン」があって、すべての部下に当てはめようとしているから。何をどこまで期待するかは、相手によって変化させたほうが、もどかしさやイライラを感じずに済みます。その相手なりに成長するための手助けをしてあげるためにも、勝手に期待して勝手に嫌いになっている場合ではありません。

 

その5「職場のグループと無関係で過ごしても何の支障もない」

 

職場に複数のグループができていて、所属しているグループへの忠誠のようなものを暗に求められたり、グループ同士が何かといがみ合ったりする面倒な状況になっているケースはよくあります。そんな不毛な対立に付き合う必要はありません。「どこかのグループに入らないと」と思うのは、ただの強迫観念。会社は仕事をしにくるところです。入らなかったら何がどう困るか、あらためて考えてみると、何の支障もないことに気づけるでしょう。

 

人間関係の悩みは多種多様。会社だけでなく、家族や知人や恋愛の人間関係も、それぞれに厄介です。今回ご紹介したコツは、最近出たばかりの一冊の本を参考にしました。タイトルはズバリ『』(日本文芸社)。どうしても切れない縁の中で賢く楽に生き抜くコツを伝授しています。著者は……あれれ、奇遇というか何というか、私です。開き直って臆面なく申し上げると、人間関係の悩みがスッと楽になること請け合い。ご興味を持っていただいた方は、上の署名をクリックしてみていただけると幸いです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

コラムニスト

石原壮一郎

1963年、三重県生まれ。コラムニスト。月刊誌の編集者を経て、1993年に『大人養成講座』でデビュー。大人の新しい概念と可能性を知らしめ、以来、日本の大人シーンを牽引している。2004年に出版した『大人力検定』は...

石原壮一郎のプロフィール&記事一覧
ページトップ