「キャッチャーはモテない」と野村克也氏。一番モテるポジションはピッチャーでもない…?

エンタメ

 

SANSPO(サンスポ).COMがネット上に配信していた『』というタイトルの記事が、600Wいくかいかないか程度の短い原稿にもかかわらず、名言がてんこ盛り状態だったので、ゼヒとも我がcitrusでも紹介したい。

 

まず、

 

タレントのマツコ・デラックス(45)が、最愛の妻・野村沙知代さん(享年85)に先立たれた「ノムさん」こと野村克也氏(82)を心配すると、ノムさんは「結婚しますか?」と仰天発言! マツコはあ然とした表情を浮かべたあと、「いい? サッチーの代わりをできるとしたら、私しかいないと思う」と回答した。

 

ほう。そう改めて言われてみれば……たしかになかなかお似合いのカップルじゃないですか〜! いや、真剣な話。恰幅・歯に衣を着せぬ物言い・豪傑と同居する繊細な性格……など、サッチーとマツコはダブる部分も多い……気がしなくもない。酸いも甘いも味わい尽くしてきたノムさんだったら、生物学的な性別の問題なんぞモノともしない“懐の広さ”だって、余裕で持ち合わせていそうだし。秘やかに“まさかのゴールイン”を願ってやまない。

 

で、ノムさんによる“電撃プロポーズ”を受け、

 

(共演者だった)『南海キャンディーズ』の山里亮太(40)が、「すぐマツコさんに結婚します? と言えるなんて。昔、遊んでいたんだなって」驚くと、ノムさんは「そのためにプロ野球に入ったんだよ」「飲む・打つ・買う。これをバランスよくやるためにプロに入った」と軽妙なトークで応戦。さらには「飲めない、打てない、買うしかないんですよ。克則のお母さんもそれで引っ掛けた」と饒舌に。

 

近年の「やたらお行儀だけは良いプロ野球選手」には逆立ちしたって吐けない野性味溢れる台詞である。こういった“本音至上主義”をいまだ貫きとおす正統的な継承者が(私が見渡すかぎり)日ハムの中田翔選手くらいしかいないのも淋しい話ではないか。

 

あと、もう一つ。こんなにも泣ける……と、同時に一(草)野球人である私にとっては聞き捨てならないノムさん語録も!?

 

「キャッチャーは女性にモテない。モテてりゃね、年上の奥さんと結婚してませんよ。女性にモテないからサッチーなんですよ。そんなサッチーと縁があったからこんなにいい息子(克則)と出会えた」

 

え! キャッチャーはモテないの? じゃあ、モテるポジションとは、はたして……?

 

ここで、野球のポジションをロックバンドに例えてみよう。ボーカルは申すまでもなくピッチャー、ギターはファーストかサードあたり……ベースはセカンドかショートのセンターラインで、キャッチャーはドラムってところだろう。そして、じつを言えばロックバンドの場合、滅法モテるのは「自己顕示欲が強く、しかも顔が割れやすくて行動制限も多いボーカル」でもなく、「自由気ままなウワモノのギター」でもなく、「縁の下の力持ち的存在のドラム」でもなく、「中低音のパーツを潜水艦のごとく遊泳するベース」だったりするのだ。

 

……ってなわけで、結論!

 

「野球のポジションで一番モテるのはセカンドかショート」

 

寡黙ですばしっこそうで、けれど最後にはちゃっかりと美味しい想いをしちゃっているベーシストを私は何人も知っているし、ドラマーである私は、そんな彼らを横目で羨望の念を抱きながら、ただ眺めているしかないのである。阪神の鳥谷にせよカープの菊地にせよ、絶対モテるに決まってますから!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

ネットニュースパトローラー

山田ゴメス

1962年大阪府生まれ B型。 ネットニュースパトローラー(※citrus限定肩書き。たまにスポーツ新聞や週刊誌も。略して「NNP」)。 関西大学経済学部卒業後、大手画材屋勤務を経てフリーランスに。エロからファッショ...

山田ゴメスのプロフィール&記事一覧
ページトップ