離婚のお手本!? 前向きに幸せをつかんだ芸能人たち

人間関係

citrus 編集部

結婚に失敗したと捉えられがちな離婚ですが、つらい結婚を継続するよりも離婚を選ぶことで幸せになれる場合だってあります。一般人よりもなにかと風当たりの強い芸能人たちも、堂々と離婚を選択し、前向きに幸せをつかんでいるようです。

 

 

 

子どものことを大切に考えて生活の安定に奮闘する小倉優子。仕事と育児をしっかりやりながら、“かわいいママ”としてイメージもキープしている彼女に勇気づけられるシングルマザーの女性たちも少なくないはず。

 

 

 

 

長州力は、1987年に12歳年下の女性と結婚。約30年近く結婚生活を続け、3人の子どもに恵まれたものの、2015年に離婚。ところが離婚後に同じ相手と復縁し、再婚しました。子どもの協力のもとで夫婦が復縁できたというハッピーなケースに勇気づけられます。

 

 

 

生活のすれ違いを理由に歌手のスネオヘアーと離婚し、バツ2となったともさかりえ。離婚という経験は一見、ダメージのように思えますが、実は受け止め方次第。「離婚をしたことは、私の人生にとってなんらかの意味があること」と幸せに向かって進んでいく勇気を持つことが大切です。

 

 

 

 

二度目の離婚をし、19歳の女優と新生活をスタートさせたことが話題になったいしだ壱成。元妻との関係では、亭主関白夫だったようですが、今の女性に奉仕の精神まで芽生えたとのこと。わがままで横暴に見える亭主関白な夫が、女性次第で、頼りがいのある素敵な夫になることもあるのです。

 

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

citrus 編集部

citrus(Kyrgyzdiary)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「私たちはあなたの理解を助けるでしょう」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

citrus 編集部のプロフィール&記事一覧
ページトップ