恋愛が長続きしない男性にありがち…気持ちが醒める残念な言動

人間関係

亀山早苗

 

付き合うところまではこぎつけるのに、なぜか数ヶ月でフラれてしまう。そんな男性も少なくない。何が原因なのか、女性陣の声を聞いてみた。

 

 

■気持ちをはっきり言葉にして

 

女性は「言葉」を大事にするもの。彼の気持ちがはっきりわからない、好きだと言ってくれない、そんな不満が募ると「この人と一緒にいて幸せかしら……」と思うようになる。長年付き合って慣れ親しんだ関係ならともかく、付き合い初めは、彼女のいいところや自分の気持ちをこまめに言葉にする習慣を身につけたほうがいいかもしれない。

 

「言葉がすべてではないけど、言葉がないと不安になる。せっかく付き合っているのだから、お互いに気持ちいい関係にしたい。何もかも言えばいいというわけではないけど、彼の正直な気持ちはいつも把握していたいなと思います」

 

ユリさん(30歳)はそう言う。年齢問わず、女性は彼が心から発する「温かい言葉」に弱いのだ。

 

 

■女性の心をまず考えて

 

付き合う前はやたらとマメで優しかった彼が、付き合うようになって変わったと言う女性は多い。おそらく付き合えることになって安心して落ち着くからだろう。ただ、女性にとっては「テンションが下がった」ように見えるので、気をつけたほうがいいかも。付き合うことになったところがスタート。ここから関係を育むことのほうが重要だ。

 

「付き合いが始まったら、急に彼氏ヅラするようになっても困りますよね。前の彼は自分の友達にやたらと紹介したがって。それもうれしいけど、まずは私たちの関係をきちんと築いていくほうが大事なんじゃないかなと思ってたんです。彼女ができたうれしさに酔っているようにしか見えなくて。私のことをちゃんと見てないでしょって不満が大きくなって、4ヶ月で別れました」

 

こう話してくれたのはクミさん(32歳)。女性たちは形だけのレディファーストを求めているわけではなく、自分と彼の心の動きを実感したいのだ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

亀山早苗

明治大学文学部演劇学専攻卒業後(専攻は歌舞伎)、雑誌のフリーランスライターに。 ライター歴、もうじき30年。離婚歴1回の現在独身。長い間、男女関係に興味を持ち続け、さまざまな立場の男女に取材を重ねてきまし...

亀山早苗のプロフィール&記事一覧
ページトップ