アノ場面でアノ人に、独り言でも… 「言ってはいけない」地雷フレーズ5パターン

人間関係

citrus 編集部

うっかり口にして、自分では気づかないうちに相手に不快な思いをさせたり、ダメなヤツと思われたりするのは避けたいもの。また、自分自身に不幸を引き寄せてしまうひとり言にも要注意。言わない方が無難なフレーズをまとめてご紹介します。

 

 

先輩や上司から知らないうちに「こいつダメだ」というレッテルを貼られてしまわないように、また、心得違いをしているとしたら早めに気づけるように、口にしないほうがいい5つのフレーズをご紹介します。

 

 

仕事相手はもちろん、地域のコミュニティでも、外国人とコミュニケーションをとる機会は増えてきています。外国人は日本のことをよく知らないはずという思い込みから発した会話で、彼らの気分を害してしまう可能性があることを覚えておきましょう。

 

 

夏までに……、クリスマスまでに……と気持ちが焦って期間限定の恋人を欲すると、相手を見る目にも狂いが出てしまいがちです。これと同様、恋人がほしいと思っているとついつい言ってしまいがちなアノ言葉がNGフレーズ。つい、つぶやいてしまっている人も多そうです。

 

 

言葉(言霊)の力は少なからず影響力があり、プラス言葉を使っていれば、プラスの状況になるものです。「幸せだから笑うのではなく、笑うから幸せなのだ」と同じ効力が発揮されます。あなたがもし、成功したいと思っているなら、こんなマイナス言葉は封印したほうがよさそうです。

 

 

ビジネスシーンでとくに気を付けたいのはメールの文章。せいいっぱい丁寧に書いたつもりでも、知らないうちに「この人、大丈夫か?」と失笑される残念なケースもあります。ビジネスメールにおける「危険フレーズ」をチェックしておきましょう。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

citrus 編集部

citrus(Kyrgyzdiary)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「私たちはあなたの理解を助けるでしょう」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

citrus 編集部のプロフィール&記事一覧
ページトップ