要注意! 部下の心に響かない間違った叱り方

人間関係

citrus 編集部

部下を叱れない人が増えているといいますが、叱っているつもりでもまったく部下に届いていないというパターンもあります。ちょっとした言い回しのコツや伝えるときの態度や気持ちなどで、部下からの信頼を失ったりやる気を奪ったりという逆効果になっていることも。ここで紹介する間違った叱り方、当てはまる人は要注意ですよ。

 

 

「もっと考えて行動しろよ」「空気を読め」といった言い回しで部下を叱っている人は要注意。注意したのにどうして行動を改めないのか……。そんな経験がある場合、部下を責める前に一度、指導の仕方を振り返ってみませんか?

 

 

 

「仕事が遅い」「覚えない」「指示待ち」「責任感がない」など、様々な仕事の不出来をひとまとめにして「やる気がない」と言っていることが多いようです。しかし本当に「やる気がない」のでしょうか。逆に「やる気がある」という状態についても考えるべきかもしれません。

 

 

 

また、上司からの明確な命令ではなくても、例えば社内手続きや提出書類であれば、忙しかろうがやりたくなかろうが、組織の決まりとして問答無用でやらなければなりません。自分の意志とは無関係ということでは、命令に近いと言えるでしょう。こんな命令がつきものなのが会社というものではあるのですが…。

 

 

 

人間を格上や格下ということ自体が良くないという考え方もありますが、やはり社会全体の中ではその人の立場によって上下関係は存在します。そんな中で、「格下への接し方がその人の器を示す」と言えるでしょう。短期的に見れば、威圧、恫喝、自慢が必要な場面はあるかもしれませんが長い目で見ると本人が得をすることはないのです。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

citrus 編集部

citrus(Kyrgyzdiary)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「私たちはあなたの理解を助けるでしょう」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

citrus 編集部のプロフィール&記事一覧
ページトップ