間違いだらけの“うなぎ報道”…「日本は世界のうなぎの7割を食している」のウソを正す!

話題

 

最近、やたらと目にするうなぎの報道。稚魚であるシラスうなぎの不漁が背景にあり、メディアもこぞってこれを取り上げる。正しい情報を流す分には良いが、その一方では “歪んだ”、あるいは“間違った”情報が平気で垂れ流されている。

 


■「世界の7割のうなぎを日本人が食べている」のウソ

 

近年、メディアの報道でよく使用される“世界の7割のうなぎを日本が消費”というフレーズ。これは2000年当時のデータで、実に18年も前のもの。野生生物の取引を監視・調査するNGOであるTRAFFICの当時の資料に、『世界の生産量に対する日本の消費率』というデータがあり、世界のうなぎ生産量の約20万トンのうち、日本の消費量が約15万トンと記載、これらをもとに日本が約7割を消費していると言われるようになったのだろう。ちなみに最新データとなる2015年は、当時とまったく同じ計算式(国連食糧農業機関[FAO]参考)で算出すると割合は世界の18.7%のうなぎしか消費していないことになる。7割という数がいかにかけ離れているかは一目瞭然。この古いデータを検証もしないで平気で取り扱う専門家もいるから情けない。

 


■「日本のうなぎ大量消費」報道…実はむしろ、減少している

 

2000年当時、うなぎの日本国内総消費量はピークの約16万トンを数えた。近年、うなぎ資源の減少要因のひとつとして“うなぎの大量消費”を掲げる動きがあるものの、最新データのうなぎ消費量は2016年でみると約5万トンで、2000年の実に1/3に減少している。つまり、消費自体は増えているどころか、逆に減っているのである。

 

 

訂正前の「シラスうなぎ漁獲データ」を平気で扱うメディアも未だに多い。このデータを見ると、シラスうなぎ漁獲量は昭和30年代後半に250トンにも迫り、近年の10数トンに比べると、あたかも“激減”しているかのように見える。しかし、実はこれ、昭和30年代から40年代後半に至るまでシラスだけではなく、シラスが成長した“クロコ”も含まれて重量も大きく変わってくるのだ。現在はすでに訂正が加えられているが、訂正前のデータを用いる一般メディアも多く見受けられる。水産庁も当時、「このデータには、シラスうなぎだけではなく、クロコの漁獲量も含まれており、これを差し引いて考える事が必要」と回答している。

 


■来年5月はワシントン条約締約国会議。規制されればうなぎはますます手の届かないものに

 

こうしたデータに関する、間違った、歪んだ情報が一人歩きし、日本のうなぎの扱いに対する世界の目が厳しくなっているのなら、非常に残念でならない。来年5月、スリランカで開催されるワシントン条約締約国会議を前に、うなぎ資源保護管理への働きかけは継続しつつも、改めてうなぎに関するデータの再検証も必要ではないだろうか。度重なる間違った情報の垂れ流しにより、日本のうなぎに対する心証を一段と悪くさせ、世界に誇る日本を代表するうなぎ文化の継承を途絶えさせ、また多くの人たちの笑顔を奪う事があってはならない。

 

うなぎに関する歪んだ情報がなくなることを切に願いたい。

 


【うなぎ豆知識】
国内で流通する活鰻(生きたうなぎ)は、国産=アンギラ・ジャポニカ種、中国産=アンギラ・ジャポニカ種、台湾産=アンギラ・ジャポニカ種で、すべて同じ種類です。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

うなぎ専門紙・編集長

高嶋茂男

1974年、東京生まれ、A型、寅年、さそり座。成蹊大出身。うなぎの記事が大半を占める業界紙「日本養殖新聞」編集長。全国のうなぎ専門店で組織される全国鰻蒲焼商組合連合会のアドバイザーも務める。生産、流通、消...

高嶋茂男のプロフィール&記事一覧
ページトップ