「パートナーに手を握ってもらうと、痛みが和らぐ」

ビジネス

ニューズウィーク

パートナーの手を握ると、脳波がより同期して痛みが消えていく PeopleImages-iStock

<「肉体的な痛みのあるパートナーの手を握ると、脳波がより同期して痛みが消えていく」という研究論文を発表された>

 

恋人やパートナーに手を握ってもらうと、愛情を感じたり、安心感を覚えたりするものだが、このような精神的な作用にとどまらず、肉体的な痛みを和らげる効果もあるようだ。

 

アメリカのコロラド大学ボルダー校とイスラエルのハイファ大学の研究プロジェクトは、学術雑誌「」において、「肉体的な痛みのあるパートナーの手を握ると、呼吸や心拍数だけでなく、脳波が同期し、パートナーに感情移入するほど、脳波がより同期して、パートナーの痛みが消えていく」という研究論文を発表した。

 

 

■妻が娘を出産する際の経験から着想した

 

この研究プロジェクトは、研究論文の筆頭著者であるコロラド大学ボルダー校の研究員パベル・ゴールドスタイン氏の経験から着想したもの。

 

妻が娘を出産する際、ゴールドスタイン氏が妻の手を握ると、陣痛が和らいだという。そこで、ゴールドスタイン氏は、「触れることで、本当に痛みが和らぐのか。もしそうだとすれば、どのような仕組みによるものなのか」をテーマに、研究活動に着手した。

 

研究プロジェクトでは、交際開始から1年以上が経過した23歳から32歳までの異性カップル22組を対象に実験を行った。

 

相手に触れずに並んで座る、手を握りながら並んで座る、別々の部屋に分かれるというそれぞれのパターンにおいて脳波用電極キャップで被験者の脳波活動を測定し、さらに、女性の腕に低刺激の熱の痛みを与えた上で、同じパターンを繰り返し、同様に脳波を測定した。

 

 

■感情移入により脳波活動が同期し、痛みが和らぐ

 

その結果、触れているかどうかを問わず、カップルが一緒にいると、集中力に関連するアルファ波において脳波が同期したが、とりわけ、女性に痛みがある間に男性が手を握ると、その同期は最も高くなった。また、男性が女性の痛みに対して感情移入するレベルが高いと、脳波活動はより同期し、これによって、痛みがより和らぐことがわかった。

 

ゴールドスタイン氏は、「感情移入による脳波活動の同期によって、どのように痛みが止まるのかについては、さらなる研究が必要だ」としながらも、「感情移入しながら触れてもらうことによって、自分は相手に理解されているのだと感じ、鎮痛のメカニズムが脳内で作動するからではないか」との仮説を示している。

 

また、この研究結果と同様の効果が、同性カップルや他の関係性においても認められるのかについても、今後の研究が待たれる。

 

このように、まだ明らかになっていないポイントはいくつかあるものの、その痛みに心をよせ、手を握ることで、大切な人を癒す効果が少なからずあるようだ。

 

(文:松岡由希子)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ニューズウィークの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

ニューズウィーク

ニューズウィーク

国際ニュース週刊誌『Newsweek』は米国にて1933年に創刊。その日本版として86年に創刊されて以来、『ニューズウィーク日本版』は、世界のニュースを独自の切り口で伝えることで、良質な情報と洞察力ある視点とを提供...

ニューズウィークのプロフィール&記事一覧
ページトップ