「東名あおり事故」は他人事じゃない! 車でのトラブル「ロード・レージ」に巻き込まれないための心理テク

車・交通

 

アメリカでは近年、ロード・レージが大きな問題としてクローズアップされています。日本でも2017年6月5日に神奈川県大井町の東名高速道路下り線で起きた事故をきっかけに注目されるようになりました。

 

この事故とは、追い越し車線に乗用車が2台並んで停車し、後ろからトラックが追突して、男女2人が死亡したものです。直前のパーキングエリアで容疑者の車がPA出口を塞ぐように停車していて、それを邪魔に思った被害者が容疑者に口頭で注意をしました。被害車両が高速へ出たところ、停車していた容疑車両が後ろから追いかけて来て、無理やり被害車両を停車させ、後ろから来たトラックに追突させて死亡事故を引き起こしました。この事故によって、停車させた容疑者とトラック運転手が自動車運転過失致死容疑で逮捕されました。

 

これを心理面から検証してみましょう。人は車を運転しているときは、気が大きくなる傾向があります。車は自分の思い通りに動く鎧のようなもので、自分が守られている空間があるからこそ気が大きくなるといわれています。したがって、自分の思い通りにならないときは、些細なことでも怒りの感情が出やすくなるのです。怒りを感じたときに起こす行動としては、クラクションを鳴らす、車間を詰めて煽る、そして、エスカレートすれば、相手の車を停車させ、脅迫したり、車から引きずり出して暴行を加えるなどがあります。

 

ロード・レージ対策としては、ドライブレコーダーを設置して、証拠の映像を収めるのが有効といわれています。法的な争いに発展した際に、映像や音声があれば自分はやっていない、相手にやられたという主張が可能になるからです。この事故(事件)をきっかけに、ある店舗ではドライブレコーダーの売り上げが3倍に伸びたそうです。

 

さて、ここで怒りを味方につけるテクニックの出番となります。割り込まれたあなたは、道を「譲った」と考えればいいのです。「譲る」という行為は、気持ちと時間の余裕がなければできません。気持ちと時間の余裕がある人に人は集まります。人が集まれば、当然、お金も集まるようになっています。実は、「譲った」方が「譲られた」方よりはるかに年収が高いというデータもあります。経験則でいっても、割り込んだ車と割り込まれた車の到着時刻は大して変わらないですし、割り込むような荒い運転なら事故を引き起こす可能性も高いでしょう。

 

では、あなたはどちらを選びますか?

 

「お先にどうぞ」こそ、怒りを味方につけるやり方です。ロード・レージなどに巻き込まれることなく、お金持ちになった方が得だと思いませんか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

スポーツジャーナリスト

瀬戸口仁

1960年2月25日、東京生まれ。サンケイスポーツ新聞社でプロ野球を11年間担当。独立して1993年に渡米し、ニューヨークを拠点に13年間、メジャーリーグ、とくに日本人メジャーリーガーを取材。日本の新聞、雑誌、サイ...

瀬戸口仁のプロフィール&記事一覧
ページトップ