いま海外で「80年代の邦楽」が注目を集めている理由

エンタメ

 

今、日本の1980年代の音楽が海外で注目を浴びているという。YouTubeでは近ごろ、往年の邦楽動画への英語や諸外国語のコメントが目立っている。先日のテレビ番組『Youは何しに日本へ?』(テレビ東京)では大貫妙子さんや70~80年代シティ・ポップの大ファンだというアメリカ人が取り上げられていた。



ごく一般にまで支持されているとは言えずとも、邦楽マニアの層が世界的に厚くなってきていることは間違いないだろう。またこれもYouTubeを中心としたムーブメントとして、「フューチャーファンク」と呼ばれるリミックス音楽の素材に80年代邦楽が数多く扱われ、作品によっては数百万回再生されるという反響を得ている。

 


なぜ今、80年代邦楽なのだろうか。サウンドエンジニア、作編曲家で世界の音楽事情に詳しい田中友直さんにお話をうかがった。

 

 

 サウンドエンジニア、作編曲家。 "TREMORELA"名義でアーティストとしての創作活動もおこなう。

 

──80年代の日本の音楽が海外で注目されているようですね

 

やはりYouTubeによるところが大きいのだと思います。聞いた話によると、YouTubeで日本語が翻訳される機能が備わってから特に海外からの反応が高くなったようですね。

 

──80年代の邦楽が持つ魅力ってどんなものだと思いますか?

 

洗練されて音楽的に高度なものもあるし、身のほど知らずに洋楽に近付こうとして歌い方、仕草、衣装などでおかしなことになっている曲もありますよね。洋楽的なものに憧れているけど内容がついていけていないというか……まあそういうトンチンカンなものもたくさんあると、ビジュアルやコンセプトがとんでもない奴がいて面白い。海外のリスナーからは、それが新鮮に映ったのではないでしょうか。

 

今の日本人から見ても、当時のPVからは「テッペンとったる」みたいな勢いを感じられるのではないでしょうか。80年代はバブルに向かう社会背景もあってか、いろんな意味でパワーを感じる音楽が多く生まれた時代のように思います。


──ウェブ上で流行中のフューチャーファンクと呼ばれる音楽ジャンルでは80年代の邦楽がサンプリングされることが多く、注目を浴びています。作り手は欧米やアジアのクリエイターが主だとか。田中さんはどう捉えていますか?

国内外問わず、過去の楽曲を非公式にリミックスしたサウンドは、ウェブを中心に日々発表されています。フューチャーファンクと言われているサウンドは5年ほど前に出現しているようです。今、日本で逆輸入的に話題になっているのは、キャッチーな80年代邦楽がネタにされていて、日本人も気づきやすかったからでしょう。

 

楽曲の作りの観点で言うと、主に80年代のダンサブルな楽曲をフィルターハウス的な手法(モコモコこもっていた音が次第に明瞭になって歌や曲が聴こえてくるような手法)とエレクトロ的なドラムサウンドでリズムを補強しながら再構築しているというシンプルなものが多いですね。

 

ディスコ系の楽曲が元ネタになっていることも多く、個人的にはディスコダブやReEDITものの延長線として捉えていた時期もありました。

 

──フューチャーファンクは日本の80年代アニメを映像とともにリミックスしているあたりにオタク的な嗜好を感じます。世界的に、オタク文化とこの手の音楽との相性はいいのでしょうか

 

界隈のクリエイターが実際にどれほどアニメに精通しているかは把握していないのですが、特にオタクでなくともああいうアニメキャラには親しみを持つ人が少なくないように感じます。かつて、フランスのテクノデュオ「ダフトパンク」が松本零士とコラボしたときも、大きなインパクトをシーンに与えました。

 

1980代には、すでに日本アニメが海外へかなり輸出されていたようです。高橋留美子が描く『うる星やつら』のような、キュンキュンくるキャラ造形や色づかいに魅かれる人は各国に存在するんでしょうね。

 

──邦楽ブームやフューチャーファンクとの関連性はわかりませんが、ヤマハの「DX7」といった80年代の日本製シンセサイザーを欲しがる海外ミュージシャンも増えているようですね

 

80年代中盤以降からのデジタルシンセサイザー黎明期って、日本製シンセが音楽シーンを席巻していたと思うんですよね。だから今、YouTube等80年代~90年代の音楽を聴いて、その時代のシンセに興味を持つと自ずと日本製にたどり着く、みたいな感じではないでしょうか。当時売れた機種は中古も多いはずなので、それぞれの国のクリエイターズランドやハードオフみたいな中古楽器・機材店で、日本製シンセとの新たな出会いをする人たちがいたり……なんかいいですね。

 

今って、ネット上でお金をかけずに作品を発表することもできるので、自由なアプローチを気軽に聴き手に問うこともできるじゃないですか。聴き手の価値観も多様になってるし。今の時代に、80年代に流行した熱量のある邦楽サウンドが再評価されるということは、とても自然なことなのかもしれません。

 

***

 

インターネット、主にYouTubeの普及は「良い音楽にめぐり会いたい」という意識の高いリスナー、クリエイターに大きな影響を与えているようだ。80年代邦楽が世界中で聴かれるようになったのは旧来のレコード、CD収集では到底カバーしきれない大量の情報がたやすく手に入る現代ならではの現象と言えるだろう。

 

フューチャーファンクのように「邦楽が海外で素材として再利用され、日本でもウケる」という構図は、1990年代の李博士(イ・パクサ)によるポンチャック・ブームなどこれまでにも存在していた。

 

 

日本の音楽へ強い関心を示す海外のアーティストはめずらしくない。彼らだからこそ抽出できるエッセンスもある。そこに聴き手の視聴環境が追いついた。インターネットが起こしたマルチメディア革命により、時代も国境も飛び越えて本当に聴きたい音に出会えるようになった。地球の裏側で自国の音楽に夢中になっている人がいる──そんなことが今後はさらに多く、一般的になってゆくに違いない。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

シンガーソングライター/音楽評論家

中将タカノリ

シンガーソングライター、音楽評論家。2005年、加賀テツヤ(ザ・リンド&リンダース)の薦めで芸能活動をスタート。深い文学性と、歌謡曲、アメリカンポップスをフィーチャーした音楽性で独自の世界観を構築している...

中将タカノリのプロフィール&記事一覧
ページトップ