新車でも新車のにおいがしないボルボ、そのわけは…インターペット2018

車・交通

レスポンス

 

ペット用品・フードの一大イベント「Interpets」(インターペット)のボルボのブースは、2018年日本カーオブザイヤーを受賞した『XC60』と、2017年RJCカーオブザイヤー・インポートを受賞した『V90』の2台をデモカーとして展示していた。

 

 

XC60は、とくにペット仕様というものではないが、ボルボカーズジャパンでは、今年のヒットモデルということでの展示。主に飼い主向けだ。対してV90はリアカーゴスペースに専用ケージを装着している。SUVということもあり、愛犬といっしょにドライブやキャンプに行くというシチュエーションの装備となる。ケージは、XC60と『V40』以外のモデルなら、取り付け可能だ。

 

 

用品としては3輪のペットカートや室内用のベッド、リードなどが展示されていた。しかし、展示だけ見ると、他社のようにペット専用のアクセサリやグッズなどはあまり豊富ではない。そのあたりをブース担当者に聞くと、スウェーデンでは、犬などのペットを飼うのは非常に自然で、とくにボルボオーナーは犬を飼っている人が多い。つまり、専用グッズの有無にかかわらず、飼っている犬は自分のクルマに乗せるのは当たり前ということだ。旅行や移動でも、まさに家族同じに犬も同乗する。そんな文化を表しているという。

 

 

そのため、日本でも本国でもボルボのショールームは「ペット禁止」といった概念はなく、来客にコーヒーなどを振る舞うのと同様に、犬の飲み水も用意され、フードを食べさせることもできるようになっている。また、子どもや犬も乗る車の内装から有害物質や余計なにおいがしないように、設計や製造で接着剤を使わないように気を使っているそうだ。

 

ボルボの新車は、新車なのに新車のにおいがしないのが特徴だそうだ。

 

確かに嗅覚が人間の100万倍、1億倍ともいわれている犬にとって、新車の塗料、素材、接着剤のにおいは本当は気になるものかもしれない。人間でもにおいで酔ってしまう人もいるくらいだ。この点は重要かもしれない。 

 

(文・撮影:中尾真二)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

レスポンスの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

レスポンス

レスポンス

“いま”のクルマにレスポンス!をモットーに、日本から世界まで幅広くクルマの最新情報をお伝えする、日本最大級の自動車総合情報サイトです。自動車業界に張り巡らされたニュースネットワークを駆使し、...

レスポンスのプロフィール&記事一覧
ページトップ