【キャデラック XT5クロスオーバー 試乗】走りはまさにクルージング、余裕あふれるサイズと上質さ…諸星陽一

車・交通

レスポンス

 

アメリカを代表するプレミアムブランドであるキャデラックのミドルSUVが『XT5クロスオーバー』。モデルラインの流れとしては『SRX』の後継となる。

 

今でこそ、ランボルギーニやマセラティ、そしてロールスロイスといったブランドからもSUVが発売される時代だが、ゼネラルモーターズはそうした動向に敏感に反応。20世紀終盤の1999年にキャデラックブランドに『エスカレード』を導入した歴史を持つ。エスカレードはフルサイズであり、少しコンパクトなモデルを望む声もあったのでミドルクラスとしてXT5の前身となるSRXを2003年に導入。SRXは2代にわたるモデル展開をし、2016年にXT5にバトンを手渡した。

 

 

XT5はV6もしくは直4エンジンを搭載する4WD&FFというモデル展開だが、日本に導入されているのはV6・3.6リットルの4WDモデルのみ。ミッションは8ATが組み合わされる。グレードは標準となるラグジュアリーと上級のプラチナムの2タイプのみ。

 

全長4825mm、全幅1915mm、全高1700mmのボディは堂々としたもの。車重は2トンに迫る1990kgとヘビー級だ。このボディを引っ張るV6エンジンは374馬力/368Nmのスペック。グッと盛り上がるトルクによって押し出されるように加速する様は迫力にあふれている。V6は可変バルブタイミング式のDOHCヘッドを持ち、静かにそして滑らかに回転を上昇させる。

 

その走りはまさにクルージングという言葉が似合うゆったりとしたもので、スパッ、スパッと機敏な動きを示すコンパクトカーとは双璧を成す落ち着いたもの。あくまでも余裕をもって走るその姿は、日本の道路においては一種独特のものであり、確かな風格を表現している。

 

 

高い車高を持つXT5のコーナリングはそれなりにロールを伴うが、大きくロールしながらがんばってコーナーを回るようなクルマではないし、それは似合わない。あくまでも優雅にゆったりとコーナリングするべきクルマだと感じる。ボディの大きさだけではない、内装の上質さなどもそうした無理な走りを求めてはならないと語るような余裕感にあふれているのだ。

 

 

普通にSUVというクルマの使い道を考えれば、キャンプへ行ったり、河原へクルマを下ろしてバーベキューをしたりというアクティブなアウトドアライフを想像するだろう。もちろんXT5もそうしたシチュエーションを実現するに十分なユーティティや走破性を持つが、それよりもオンロードでの長距離移動や町並みでの普段使いが似合うのは確か。

 

標準モデルが619万円、プラチナムが699万円となかなか庶民には手が届かないレベルではあるが、キャデラックというブランドバリューを考えれば妥当、もしくはリーズナブルと言えるかもしれない。

 

 

■5つ星評価

パッケージング:★★★

インテリア/居住性:★★★

パワーソース:★★★

フットワーク:★★★

オススメ度:★★★

 

 

諸星陽一|モータージャーナリスト

自動車雑誌の編集部員を経て、23歳でフリーランスのジャーナリストとなる。20歳代後半からは、富士フレッシュマンレースなどに7年間参戦。サーキットでは写真撮影も行う、フォトジャーナリストとして活動中。趣味は料理。 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

レスポンスの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

レスポンス

レスポンス

“いま”のクルマにレスポンス!をモットーに、日本から世界まで幅広くクルマの最新情報をお伝えする、日本最大級の自動車総合情報サイトです。自動車業界に張り巡らされたニュースネットワークを駆使し、...

レスポンスのプロフィール&記事一覧
ページトップ