昼寝は効果アリ!? 睡眠に悩む人に効く4つの効果的なテクニック

ヘルス・ビューティー

citrus 編集部

なぜか寝る前に考え事をしてしまってなかなか寝付けない、悔しかったことや嫌な出来事ばかりを思い出してしまう、仕事が忙しくて睡眠時間がなかなかとれずに睡眠不足になりがち…など、今の睡眠に満足できていない人はいませんか。今日から実践できる4つのテクニックを参考にしてみてください。

 

 

就寝時に布団の中で悩み事や考え事をしていると、脳の活動が高い状態で維持されるので、脳の覚醒アクセルを踏み続けていることになり、なかなか寝付くことができません。そんなときに有効なのが「認知シャッフル睡眠法」。脳の中をシャッフルするとはどういうことなのでしょうか。

 

 

 

就寝前の時間はとても重要です。その日に区切りをつけることはもちろんですが、翌日を素晴らしい日にするためのメンタルリハーサルに当てるべき時間でもあるのです。ベストな内容は、翌日のハイライト(ウキウキする出来事)を3つ思い浮かべることだといわれています。

 

 

 

日々の睡眠不足が借金のように積み重なり、仕事や生活の質が下がってしまう「睡眠負債」という危険な状態。忙しい毎日でなかなか満足いく睡眠が取れない……という人でも無理なくできる、「睡眠負債」の解消に役立つ3つの方法をご紹介します。

 

 

 

体内時計が作り出す眠気のピークは、1日に2回。一番大きなピークは午前2~4時ごろにあり、もう一つの小さなピークが午後2~4時ごろにあります。午後に眠くなるのは気合が足りないのではなく、体の自然な働きによるもの。夜の睡眠不足を補うために最も効果的なのは、仮眠をとること。効果的な昼寝の仕方をご紹介します。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

citrus 編集部

citrus(Kyrgyzdiary)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「私たちはあなたの理解を助けるでしょう」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

citrus 編集部のプロフィール&記事一覧
ページトップ