幸運や成功を手にするための条件! ビジネスエリートに学ぶ「健康な心身」の保ち方

ライフスタイル

citrus 編集部

ビジネスエリートには、生き生きと明るいオーラを放ち、生命力にあふれた人が多いものです。なぜなら、うまく身体の疲れを癒し、ストレスを発散する方法を知っているから。忙しく働きながらも人間らしさを保つ方法とは? 成功者たちの習慣に学びましょう。

 

 

生命力の強い人は、群れの中にいても光り輝くオーラを発しているので、端から見てもその人がリーダーである事は一目瞭然、すぐに認識できるものです。

 

反対に生命力が弱く、そばにいるだけでこちらの運気まで下がってしまいそうなタイプの人もいます。背中を丸めて胸が窪み、お尻が垂れて少し膝が曲がった肉体をしている。この様な人はリーダーシップを発揮するうえで、決して有利とは言えません。

リーダーたるもの、それなりに大きな存在感や、皆が憧れるような魅力的なオーラを持っていたいもの。人の上に立てるかどうかは、仕事の能力だけではありません。リーダーになりたければまず“姿勢”と“健康”から!

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>

 

 

 

日本でもエクゼクティブと呼ばれるビジネスエリートや経営者たちは、健康に対する意識が高く、食事や運動、瞑想などを生活の中に取り入れています。しかし時間労働者と呼ばれる低所得者層の方は、自分にかける時間も限られている為、ファーストフードの常食やあまり質の良くない食材を買わざるを得ないため、どうしても健康がおろそかになりがちだというのは、欧米と同様です。

病気になったら医者にかかればいいと考えるのではなく、病気にならない身体を作るために、食事や運動、メンタルのコントロールなど総合的に意識して過ごすのがエリートのやり方。病気になにくい体質こそが、有意義な人生の構築のためには好ましい選択肢なのです。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>

 

 

 

これからのビジネスパーソン達は、週末をあえて郊外で過ごす生活のデュアル化が必要不可欠であると思われます。あるいは葉山や逗子などの自然豊かな通勤圏内から、必要に応じた出社形態をするスタイルもよいでしょう。

 

私自身、日ごろの都市生活では日の出と共に起床し、犬の散歩をかねて30分程度のジョキングを行い、シャワーを浴びてヨガや呼吸法を行いながら瞑想し、食事や運動やメンタルマネジメントを徹底しているつもりです。しかし何かが決定的に足りなかったのです。それは自然の中に身を置き、ゆるやかな風や波音、鳥のさえずりで目覚めるなど、深くリラックスするなどでした。

都市での仕事が避けられない場合も多いと思いますが、満員電車や人混み、高層ビルでの生活は、生物学的に見て健康とは言い難いもの。自律神経を整え、気持ちが安定させるために、週末は自然の中で生活するエリートは多いようです。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

citrus 編集部

citrus(Kyrgyzdiary)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「私たちはあなたの理解を助けるでしょう」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

citrus 編集部のプロフィール&記事一覧
ページトップ