亭主関白な熱血オトコ、「松岡修造」が愛される理由

エンタメ

citrus 編集部

元プロテニスプレーヤーで、現在は、スポーツキャスターとしても引っ張りだこの「松岡修造」さん。その熱血コメントには若い世代からもアツい支持が! 家庭でもアツすぎると評判の松岡さん、いったいなぜこれほどまでに人々から愛されるのでしょうか。

 

 

 

松岡修造が、先日『報道ステーション』(テレビ朝日系)で女子バドミントンの五輪メダリスト奥原希望さん(23)にインタビューしているところを、偶然テレビで観かけた。

 

全体を通じてなかなかに内容の濃い、素晴らしいインタビューであったが、その奥原さんによる“名言”の大半は、松岡が引き出したと言っても過言ではない。なぜ奥原さんは、いや、多くのトップアスリートたちは、松岡修造の前ではここまで実直に本音を漏らすのか?

その理由を筆者は、錦織圭が出てくるまでは日本一の男子テニスプレイヤーだった、本人が紛れもない世界レベルのトッププレイヤーだった」ことが、やはり大きいのではないかと考えているようですが…。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>

 

 

 

松岡修造というヒトは、いっけん「純・熱血漢」のイメージがあるが、じつは「自分にできることを冷静に考え、論理的に物事に向き合い、具体的にシミュレーションを行ったうえで着実に成功を収めていくタイプ」だとも聞く。

「修造みたいな上司がほしい」と考えている人が多いことから考えると、いまの若者たちは、松岡修造の熱血がウザイどころか、歓迎すらしているのかもしれません。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>

 

 

 

 

「熱い男」として好感度の高い松岡修造さんも「亭主関白」ぶりを発揮していると言われている人のひとり。「夕食のおかずに肉を焼くときは、一枚ずつフライパンで焼いて、焼き立ての状態でお皿に盛りつける」「すっぴんは見せない」といった夫婦間のルールがあるというエピソードは有名。

ほかにも、プロポーズの言葉についても驚きの噂があるとか。普通ならモラハラと言われそうな亭主関白夫でも、松岡修造タイプはなぜ家族にも愛されるのでしょうか。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

citrus 編集部

citrus(Kyrgyzdiary)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「私たちはあなたの理解を助けるでしょう」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

citrus 編集部のプロフィール&記事一覧
ページトップ