セックスレス解消は、女性が努力するべきなのか?

人間関係

亀山早苗

 

■衝撃だったから、まず夫と話してみた

 

「下の子が生まれて5年くらいたったときですかね、あれ、ずいぶん長いことセックスしてないって、ある日突然気づいたんですよ。それが自分としてはすごくショックで。だからその日の夜、すぐ夫に言ってみました。『私たち、5年以上してないよ』って」

 

笑いながらそう言うのは、ハルナさん(39歳)だ。今から3年前のことである。大学時代の同級生、共働きで子育てをしている「友達感覚の強い夫婦」だったからこそ、ごく自然に言えたのかもしれない。こういうとき、専業主婦はつい我慢しがちなものだ。

 

「そうしたら夫もびっくりして。仕事も家庭も忙しくて、夜は泥のように眠るだけの日々でしたから。このままじゃいけないねと話し合えました。私の場合は、深刻に話したわけじゃなくて、『今日気づいてビックリしたんだけどさ』と言ったので、夫も素直に受け止めたんでしょうね」

 

今は下の子も小学校に入り、以前より少しだけ夫婦の時間がもてるようになった。

 

「夫婦なんだから、何でも言っちゃったほうがいいと思います」

 

そのほうが夫も気楽かもしれない。

 

 

■夫がしたがらない

 

やはり、ある日突然長いことセックスレスだなと気づいたものの、なかなか夫には言えず、ひとりで悶々としているのはアヤコさん(42歳)だ。

 

「性に関することを女から言うのはどうしてもはばかられて。でも、人肌が恋しいということもあります。だからなんとなくサインは送ってるんですけど……」

 

下着をセクシーなものにしてみたり、寝る前に夫に手をつないでと甘えてみたり。だが、夫は気づいているのかいないのか、手をつないだり抱きしめたりはするもののセックスには至らない。

 

「うちはベッドを並べて寝ているんですが、夫のベッドに潜り込んでみたんですよ。そうしたら夫は私を抱きしめながら、『疲れてるんだよ、ごめんね』って。謝られるとかえってみじめになる。もう金輪際、自分からはアプローチするまいと決めました」

 

そうなると、どこか夫に対してとげとげしくもなってしまう。責めるのではなく、自分は夫婦としてセックスも楽しみたいとストレートに言ったほうがいいのかもしれない。

 

「それはわかってるんですけどねえ。なかなか言えないんです」

 

妻が強くなったと言われる時代だが、やはり言えずに悩んでいる女性たちも多いのだ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

亀山早苗

明治大学文学部演劇学専攻卒業後(専攻は歌舞伎)、雑誌のフリーランスライターに。 ライター歴、もうじき30年。離婚歴1回の現在独身。長い間、男女関係に興味を持ち続け、さまざまな立場の男女に取材を重ねてきまし...

亀山早苗のプロフィール&記事一覧
ページトップ