これでもう失敗しない! スーツやジャケットのサイズ表記のキホン

ライフスタイル

citrus 編集部

スーツを着慣れているアラフォーでも、自分のスーツやジャケットのサイズは意外に把握していないもの。SMLというカジュアル服のサイズ表記ではありません。たとえば「92A5」って何?という人、ヨーロッパやアメリカのサイズがイマイチ分からないという人に、サイズ選びの基本についてご紹介します。

 

 

 

我が国のスーツやジャケットに見られるJIS規格での現行の表記体系は、着用者の

・胸囲

・胸囲とウェストとの「差寸」

・身長

を記号化して組み合わせたものです。

「92YA5」とは、「胸囲92cm、ウェスト76cm、身長170cm相当の、気持ち痩せ気味の方向け」という意味。ではその仕組みについて詳しく見ていきましょう。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>

 

 

 

 

核になる数値は着用者の「胸囲の半分」をcmを省略して示したものです。なぜ胸囲の「半分」なのか? そう思われる人も多いでしょう。理由はジャケットを作成する時の型紙は「半身」のみで作図するためで、要は作り手側の都合をそのまま活かしたものです。

ヨーロッパサイズでは「46-8-R」は、「胸囲92cm、ウェスト76cm、おおよそ172cm~177cmの方向け(JIS 92YA6相当)」ということになります。これを知っておくと、ヨーロッパに出かけた際、現地での買い物がスムーズにできますよ。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>

 

 

 

 

この2国は、他の諸国では既に殆ど用いられていない「あるもの」が未だに幅を利かせているのをご存じでしょうか?そうです、両国では度量衡の単位でメートル法ではなく、ヤード・ポンド法が未だに慣用されているのです。

UK/USサイズは、知っておくと確実に役に立つ表記体系なんだとか。「36R」は、「胸囲約91.5cm、ウェスト約76cm、おおよそ171cm~181cmの方向け」ということになるようです。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

citrus 編集部

citrus(Kyrgyzdiary)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「私たちはあなたの理解を助けるでしょう」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

citrus 編集部のプロフィール&記事一覧
ページトップ