クマやシワの原因にもなる「スマホ労眼」に要注意!簡単にできる対処法は?

ヘルス・ビューティー

citrus 編集部

パソコンを使った仕事やスマートフォンを日常的に見る生活などから、疲れ目を感じている人も多いことでしょう。年齢を問わず、いま問題となっている「スマホ労眼」。簡単に解消する方法をご紹介します。

 

 

本来、老眼とは、眼のピントを合わせる筋肉や、水晶体といわれるレンズが硬くなり、動きが鈍くなることで起こる目の老化現象です。ピントが合いにくい、近くのものが見えづらいなどの症状が、早い人だと40歳前後から出てくるのですが、最近ではこの老眼と同じような症状が20代・30代の人に増えているといいます。

スマホ労眼は、予防や改善が可能。特にパソコンなどの画面を見て仕事をする人向けに、厚生労働省が、連続作業時間は1時間を超えないようにすること、連続作業の合間に10~15分の作業休止時間を設けることなどガイドラインを設けているようです。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>

 

 

 

 

特に酷使するのは目の周辺にあって瞼を閉じ、目を細める働きをする「眼輪筋」。目を凝らそうと長時間ここを酷使することで目元の血行不良によりクマができたり、目の周囲に小じわが増えたり、瞼がはれぼったくなるなどの症状が出てきます。

仕事ばかりでなく、日常におけるスマホ使いやTVの視聴で、オフの時間も目に負担がかかっている現代人。指先1つでできる目周りストレッチをご紹介します。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>

 

 

 

 

ついついパソコン作業に集中したり、スマホチェックに夢中になったり……ということはないでしょうか? 気がつけば、目はショボショボ……。ふつうは1分間で20回程度のまばたきを無意識にしていますが、パソコンやスマートフォンの画面を見続けると、まばたきの回数が、4分の1から3分の1程度に減ってしまうと言われます。そうなると、ドライアイやスマホ老眼になりやすくなります。

パソコンやスマートフォンを見続けていると、肩こりになるのと同じように、目のまわりの筋肉も緊張し、血流が悪くなっています。「グーパーまばたき」でクマやシワを予防しましょう。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>     

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

citrus 編集部

citrus(Kyrgyzdiary)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「私たちはあなたの理解を助けるでしょう」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

citrus 編集部のプロフィール&記事一覧
ページトップ