商談や交渉を成功に導く! 一流ビジネスマンが実践している3つのこと

ビジネス

citrus 編集部

ここぞという勝負の商談や交渉をうまく成功に導いている一流ビジネスマンたちは、どんなことを心がけているのでしょうか。相手の言葉の受け取り方、想定外のときの対処法、交渉する時間帯まで、交渉の成功率を上げるコツをご紹介します。

 

 

「御社とのビジネスはお金の問題ではありません」


これは典型的な交渉相手のウソと言っていいでしょう。ビジネスは100パーセントお金の問題です。人情によって取引をする会社などありません。すべてお金の為に取引をしているのです。もし仮に、本当に人情のみ取引をする会社があった場合、そのような会社と取引することは非常にリスクが高いということを知っておく必要があります。

交渉でキモとなるのが、相手との言葉の駆け引き。相手が話す言葉のウラを理解して、自社が有利な方向に進めることを求められる非常に重要な能力なのです。交渉相手がよく口にする4つのウソについてご紹介します。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>

 

 

 

想定外に弱い人というのは、「想定外のことが起こったことを認めない」という点があります。「こんなことはありえない」と、目の前で起こっていることを否定してしまうのです。そして、想定外の出来事に直面して、「自分自身が焦っている・混乱している」ということを受け止められないのです。その結果、「自分自身が焦っていること」に対して、焦ってしまうことになってしまいます。

交渉の場で想定外のことに遭遇したとき焦ったり混乱したりしていては、よい結果には結び付きません。想定外に強くなるコツについてご紹介しましょう。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>

 

 

 

 

これは決めたい!と力が入っている商談。先方とアポイントメントを取るのに1番効果的なのはどの時間帯だと思いますか?

 

①午前中 ②昼食直後 ③夕方

正解は③の「夕方」。

「黄昏(時)効果」といわれているこの傾向。仕事の交渉時だけでなく、プライベートでも“告白”するのに適した時間だと言われています。その理由とは?

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

citrus 編集部

citrus(Kyrgyzdiary)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「私たちはあなたの理解を助けるでしょう」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

citrus 編集部のプロフィール&記事一覧
ページトップ