「下町ボブスレー」が浮き彫りにした、日本の職人技の誇りとおごり

ビジネス

ニューズウィーク

「下町ボブスレー」は平昌五輪では使われなかった

<町工場が結集して五輪を目指す計画の失敗が、不相応なほど大きなニュースになった理由>


下町の職人たちの夢は今回もかなわなかった......。ジャマイカの人たちとは運命共同体で頑張っていこうと約束したはず......。


「下町ボブスレー」をご記憶だろうか。これは東京・大田区にある町工場の有志が始めたプロジェクト。下町の職人の技術でボブスレーを作り、世界に挑もうというものだ。2月の平昌五輪では、ジャマイカの女子代表が下町ボブスレーを使うことになっていた。


だがジャマイカ側は大会直前に、下町のそりを使わないと通告。この件が妙に大きなニュースとなる。冒頭の言葉は、その際に新聞で見られた表現だ。用具の採用が見送られただけの話なのに、「夢」「運命共同体」など情緒的な言葉が付いて回る。話が膨らみ過ぎている印象がある。下町ボブスレーの騒ぎは、「日本すごい」というゆがんだ空気にもつながっていそうだ。


下町ボブスレーのプロジェクトは11年に始動。14年のソチ五輪では、日本代表に採用を見送られた。外国チームに働き掛けたなかで好反応を示したのが、南国のジャマイカ。16年、ジャマイカは下町ボブスレーの採用を決め、職人の技と魂が実を結ぶかに見えた。


事態は平昌五輪の直前に急展開する。昨年12月のワールドカップで輸送機関のストで下町ボブスレーの配送が遅れ、ジャマイカはラトビア製のそりを使った。すると成績が一気に上がった。ジャマイカは、そのままラトビア製を使用して五輪出場権を獲得。開幕直前になって、五輪では下町ボブスレーを使わないと通告してきた。下町側には大きなショックが走った......。


この騒ぎには引っ掛かる点がいくつかある。まず「ジャマイカ」だ。なぜ支援した相手が冬季五輪とは縁遠いイメージのある南国だったのか。ジャマイカは、冬のスポーツでは勝ち目のない「アンダードッグ」だ。好成績はあまり期待されておらず、五輪に出場しただけで話題になる。


そのアンダードッグを日本の職人の技が支援するという物語が、ここには透けて見える。そしてアンダードッグだからこそ、下町のそりの不採用は一層大きな騒ぎになったのではないか。


2つ目は「下町」。「下町ボブスレー」という絶妙なネーミングからは「人情にあふれた町工場の手仕事」というイメージがにじみ出る。しかし実際には車体は大企業が担当し、スポンサーにも有名企業が名を連ねている。その下町のものづくりで世界を目指す物語は、ハッピーエンドを迎えられなかった。それだけの話だ。だが騒ぎの広がりを見るにつけ、当事者にも周囲にも「日本の技術なら、ジャマイカが採用するボブスレーは作れる」という思い込みがあったかに思える。


だとすれば、そこにあるのは「ものづくり」に対する日本の自信過剰だ。ジャマイカと「運命共同体」として五輪へ行くという物語の下、職人の技を世界の舞台で披露したいという、いささか自己陶酔的なメンタリティーだ。ジャマイカが採用したラトビア製のそりは、BTC社という従業員6人の工房が作っている。ラトビアはボブスレー製造の経験が豊富で、外国チームにそりを提供した例も多い。


下町ボブスレーが追求したかった「匠(たくみ)の技」を本当に持っていたのは、ラトビアの小さな工房のほうだったのかもしれない。

 

<本誌2018年5月15日号「特集:『日本すごい』に異議あり!」から転載>

文=森田浩之(ジャーナリスト)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ニューズウィークの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

ニューズウィーク

ニューズウィーク

国際ニュース週刊誌『Newsweek』は米国にて1933年に創刊。その日本版として86年に創刊されて以来、『ニューズウィーク日本版』は、世界のニュースを独自の切り口で伝えることで、良質な情報と洞察力ある視点とを提供...

ニューズウィークのプロフィール&記事一覧
ページトップ