二重じゃないと残念!? ポジティブな“ひとえ美男子”の育てかた

エンタメ

クリアな目元に金髪がお似合い。ひとえ美男子・TSUBASAさん。写真撮影 / Jun(Thinking Dogs ギター)

 

ぱっちり二重もいいけれど、すっきりした目元が魅力の“ひとえ美男子”に惹かれる女子が増えています。けれど、子供の話になると必ず、「うちの子は一重だから……」というママがいるのもまた事実。一重だから、「二重より可愛くない」というのでしょうか。

 

日本人の場合、、一重はむしろポピュラーなはず。一重って本当に残念? 何より本人はどう思っているのでしょう?

 

家族全員が二重の中、「一重は自分だけ」という“ひとえ美男子”TSUBASAさん(Thinking Dogsボーカル)に聞いてみました。

 

―― 一重まぶたはコンプレックス、でしたか?

 

うちは二重家系なんですよ。親戚中見渡しても一重は僕だけで、僕しかこういう目がいないのはコンプレックスでしたね。でも、東山紀之さんファンの母が「あんた、一重だから東山くんみたいでいい感じ! 私の思いが通じたのかしら?」って言ってくれて(笑)。そのせいか、気にはしていたけれど、さほど引け目は感じなかったんです。

 

長男だったので、たっぷりみんなに可愛がられたことも大きかったかもしれません。

 

ただ、一重のことは大人になってからのほうが気になりましたね。「世の中でカッコイイって言われる人って、無条件で二重だよな」と思いましたし。自分でもGACKTさんとか阿部寛さんにすごく憧れていましたから。

 

「視力は両目2.0。一重だけど、視力はいいんです(笑)」

 

――女性だと、そこでアイプチを使ってみたりしますよね。

 

僕も使ったことありますよ! そのときはもうバンドをやっていて、まわりでメイクやアイプチをしている人がいましたし、似合ってる人もいたので。で、自分もと思ってやってみたら、ものすごくヘンなバランスになっちゃって。やり方がヘタクソだったのかもしれないけど、目が引っぱられる感じにも耐えられなくて。もういいやと(笑)。

 

――それでも、しばらくは二重にしていたんですか?

 

いえ、家でこそっとやって、「あ、もう全然似合わない。やーめよ!」って。チャレンジは1回で終わりました(笑)。「やっぱり、このままでいいな」というか、別にそこに固執してもな……とも思ったので。なんか、自分のコンプレックスにつかまって、気にしているほうがカッコ悪いなと思ったんです。

 

眉の下に落ちる三日月型の影。これもひとえ美男子の魅力!

 

――気持ちを切り替えた。

 

はい。何も男の価値が目ひとつで決まるわけじゃないし、それさえ好きにさせるような自分の魅力みたいなものを、他のところで出せたらいいなと。僕は歌も歌うし、スポーツもがんばっていますし、今はそういうところで自分のよさを見せていけたらいいな、と思っています。

 

――じゃあ、逆に一重の女の子も大丈夫?

 

もう全然大丈夫です! 目元のスッとした女性、とても素敵だと思いますよ!

 

涼しげでいて人なつっこい瞳が印象的なTSUBASAさん。まぶしいほどまっすぐな男性に育ったのは、「お母様の肯定的なまなざし」と「ご家族の愛」、そして「コンプレックスに向き合う強さ」を培ったからだといえましょう。“ひとえ男子”のママさんは、「うちの子は……」なんて言わず、ほめて伸ばして! 息子さんを素敵な“ひとえ美男子”に育ててくださいね!

 

TSUBASA

1989年4月20日生まれ。O型。一軒家で共同生活を送る男子4人のJ-POPロックバンドThinking Dogsのボーカル。趣味はバスケットボール、スノーボード、フットサル。6月25日(月)、"Thinking Dogs3周年ワンマンライブ" 開催(六本木morph-tokyo )。また、7月8日(日)にはJUMP MUSIC FESTA(横浜アリーナ)に出演する。新曲「言えなかったこと」は、今秋10月公開映画「あの頃、君を追いかけた」(主演:山田裕貴・齋藤飛鳥/乃木坂46)の主題歌に決定している。

[Thinking Dogs HP]

[TSUBASA Twitter]

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

ジャニヲタ・エバンジェリスト

みきーる

ジャニヲタ・エバンジェリスト、女子マインド学研究家。出版社勤務を経て、ライター&編集者として2000年に独立。女心を知って楽しく生きるためのライフハック“女子マインド学”を提唱。ふだんはファッシ...

みきーるのプロフィール&記事一覧
ページトップ