ハイボールは通じない!? 意外に知らないBARでのNG行為

ライフスタイル

citrus 編集部

BARは、大勢で酒を楽しむ居酒屋とは違います。オーダーの仕方から、バーテンダーの呼び方、店にいる客との関わり方まで、やってはいけないNG行為をまとめました。

 

 

 

■NG行為1:ウイスキーの基礎知識なく「ハイボール」とオーダー

BARで「ハイボール」とだけ呟いても通じない可能性もある。そこは愉しい居酒屋ではない、様々なハイボールが揃った隠れ家だ。もちろん、優しいバーテンダーが揃う店なら「ハイボールですね、ウイスキーは、何にされますか」とにこやかに応えてくれるはず。

 

敷居の高いBARによっては「ハイボールはありません」と素っ気ない答えに出くわした…という客もいると聞く。

せっかくハイボールを覚えたからBARで呑みたいと考える人もいるかもしれませんが、BARでウイスキーをオーダーする前に最低限、知っておくべきこともあるようです。何と言えばあのハイボールが出てくるのかについても必見です。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>BARで「ハイボール」は通じない? 今さら訊けないウイスキーの基礎知識

 

 

 

 

■NG行為2:「バーテン」と言う、知ったかぶりをするなど

BARについて話すと「敷居が高い」とぼやく輩は多い。その謎を紐解くと、それは日本の「無礼講」文化のせいではないかと思い当たる。酒を呑んだから、「少々やらかしても問題ない」、または「どんな失敗も許される」無礼講は、日本独自の精神。酒席では、大目に見てやるのが日本のスタンダードだった。

 

だが、BARは「無礼講とは真逆の文化」。酒を呑んでさえもルールがある。そんな感覚が「敷居の高さ」を意識させるのだろう。

BARには、「酔っていたので…」では許されない独特の文化があると言う著者。バーテンダーとの関わり方や、隣の客への接し方、ドレスコードまで、なんと11か条も!

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>「酔っぱらい」と「酒呑み」は違う!? “無礼講”が認められないBARのルールとは

 

 

 

 

■NG行為3:ナンパ目的の『あちらのお嬢さんに一杯』

「やっぱり、BARに行くと『あちらのお嬢さんに一杯』とか、やるんですか !?」とさも嬉しそうに、BARに足を運ばないビギナーに問われる機会は多い。

 

返答に窮する問いながらも、ここで結論をはっきりさせておこう。「あちらのお嬢さんに一杯」は、一般的には歓迎されない。しかし、私個人はやることもある。そして、ナンパ目的なら止めておけ、と。

『あちらのお嬢さんに一杯』という映画のようなワンシーンへの憧れはあるかもしれませんが、気軽に下ごころを持って挑んではいけないのがBARのルール。初心者には想像以上に難易度が高い行為なのです。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>BARで「あちらのお嬢さんに一杯!(アチオジョ)」を成就させるには…

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

citrus 編集部

citrus(Kyrgyzdiary)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「私たちはあなたの理解を助けるでしょう」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

citrus 編集部のプロフィール&記事一覧
ページトップ