年下からモテる!? 下から目線!? 晩婚で幸せをつかむ女性の共通点

人間関係

citrus 編集部

人生100年といわれる時代、たとえ50歳だってまだ人生の半分だと考えれば、晩婚だって十分に結婚生活を満喫できるという考え方もあります。長い独身生活にピリオドを打って幸せをつかみたい! そんな大人の婚活成功の秘訣とは?

 

 

 

独身を満喫し、仕事をある程度やり切ったと感じた人は、家庭での生活を楽しんでいるという。相手の選び方も若い頃とは変わり、「ギャップや意外性がある人」ではなく、「居心地の良さ」を求める人も多い。若くして結婚した場合の新婚生活とは少し違うが、精神的にも経済的にも独立した晩婚夫婦には余裕がある。お互いを尊重しながら生活を楽しむことができるのだ。

たとえ晩婚になったとしても結婚をあきらめたくない人にとって、成功のコツはきになるところかもしれません。どうやら幸せな晩婚さんには3つの共通点があるというので要チェックですよ。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>

 

 

 

 

「30代半ば以上である」「ライフスタイルが固まっている」「男ウケより、自分ウケ」「気になる人は、年下ばかりになってきた」「誰かと一緒に暮らすのは、たぶん無理」 …といったあたりが当てはまる女性を「戦力外女子」と名付けて分析している著者。実は年下男子にモテるという明るい話が!

 

「戦力外女子」というとネガティブな印象を受けるかもしれませんが、実は、「戦力外女子」と「年下男子」はまさにサイコーの組み合わせなのです。年下男子にとっての戦力外女子は、会社にたとえるなら「頼れる中途入社の社員」みたいな感じ。懐深くしかも、自分の世界を持っていて、やたらにこちらの領分に踏み込んで来ることもない、「いい感じの距離」がとりやすい相手です。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>

 

 

 

 

一般的にも50歳以上で結婚を決める男女が増えていることを実感しています。というのも、今どきのオーバー50の男女は見た目も内面も年齢以上に若々しい人が多いもの。平均寿命が延びていることもあり、仮に60歳で結婚したとしても、その後の結婚生活を20年以上も続けられることになるのです。だからこそ、「人生の後半くらい、自分の好きなように生きて、ハッピーエンドで最期を迎えたい」と考える人が増えるのも当然と言えそうです。

昨年は、63歳で結婚した阿川佐和子さんの熟年結婚が話題になりました。世の中では「シニア」と言われる世代の人たちが、結婚という選択をするケースに注目が集まり、背中を押される人も増えるかもしれませんね。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

citrus 編集部

citrus(Kyrgyzdiary)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「私たちはあなたの理解を助けるでしょう」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

citrus 編集部のプロフィール&記事一覧
ページトップ