あなたが「自分らしさ」を失ってしまった理由と、今から少しでも取り戻す方法

ライフスタイル

 

日々の忙しさの中で、私たちは知らず知らずのうちに「自分らしさ」を見失ってきた。働き方改革、生き方改革が叫ばれる中、私達は「なぜ自分らしさを見失ってしまったのか?」「これまでどのような道筋で自分を見失ってきたのか?」を検証したい。今回、お届けするコラムの中には、少々青臭い頃の記憶も紐解いて頂く場面もある。かつて、あなたがかつては抱いていた感情を必ず思い出す良い機会にもなるかもしれない。

 

 

■新卒の時、就職活動に失敗したから

 

学生時代に、「将来あんなふうになりたい」「こんなふうになりたい」と夢を描き、それなりに夢に向かって走ってきた。しかし、現実は厳しく、入りたい会社には入れなかった。そして就きたい仕事には就けなかった。やがて「せっかく入社したのだから…」と、会社で責務を全うするうちに、本当になりたい自分とは異なる自分がつくられてしまった。

 

あなたにも心当たりはないだろうか? 20代中盤、「これはこんなものになるために、頑張ってきたのではない!」そう嘆いたことがないだろうか。

 

しかし、そこで、そのまま転職もせず、社外のパラレルで「本当にやりたいこと」にも挑戦しなかった。そうではないだろうか?

 

いま時は流れ、鏡の中の「あの頃夢見た自分」とは別人と見つめ合っている。それなりの仕事の成果は残したし、まずまず出世もした。しかし、悲しいかな一抹の後悔が脳裏から離れない。

 

 

■仕事が合わないから

 

20代の頃は明るく社交的で、誰からも好かれ、友人も多く、居るだけで周囲が明るくなる存在だった。ところが、30代になり、40代になり、だんだんと、その魅力的なキャラクターは、外見もろとも消え失せてしまった。会話もつまらくなり、もっぱら家と会社の往復。見た目までしょぼくれて「ああはなりたくない…」と思った中年に見事、なってしまった。

 

「好きではない」「しかも不得意」な仕事を「劣悪な人間関係」のなかで「やらされ感」たっぷりに、こなす日々。その日々が、自信とプライドと人間的魅力を、完全にはぎ取ってしまったのでは? せめて20代のうちから、社外の活動で自分を取り戻す努力をすればよかった―――どうだろう? まだ間に合う、今なら間に合う。失った自分を取り戻してほしい。

 

 

■健康を害したから

 

どんなに自分らしい人生を送り、輝いている人でも、健康を害した時点で、自分らしさは失われてしまう。人間は壊れやすく、傷みやすい「生もの(なまもの)」なのだ。あなたが思うほど、そんなに「頑丈」にはできていない。40代後半になって、私も友人を2人、突然死で亡くした。つい先週までピンピンしていた友人だ。

 

明日は我が身であることを忘れてはいけない。あなたのその病気が、不摂生によるものなのであれば、しっかり生活を正し「健康な体」を取り戻してほしい。そして本来の若さと明るさ、そして感動する心を取り戻し、腹の底から笑い転げる無邪気さを取り戻してほしい。自分らしさは「健康」の中にこそ宿るのだから。

 

 

■結婚して落ち着いたから

 

家族を育む、愛情を注ぐ、しかしなぜ同時に、自分らしさを失い、色あせなければいけない?そんなルールはどこにもない。自分らしさは「結婚」により失われることがある。それを伴侶や子供のせいにしてしまいたくなることもある。誰かのせいにしないで、自分で決めて、自分で冒険をしよう。

 

生まれくる子供、育ちゆく子供たち「人生は楽しい」「大人になるとこんなに楽しい」を教えてあげるためにも。私達は輝き続けなければならない。私たちの生き方は子供たちの未来の「宝地図」でなければならない。自分らしさを失うことが「立派な大人になること」ではない。難しいことは重々承知、そう簡単にいかないことも承知。でも、ほんの少しでも、あの日失った自分らしさを取り戻してみてほしい。

 

 

■年をとってしまったから

 

年齢を重ねることによって容姿が衰えたり、体力が衰えたり、考え方が保守的になったりする。でも自分の口癖で自分を老いさせていないだろうか?「もう年だから」そんな固定観念に縛られて、どんどん自分らしさを失っていないか?世の中には一定数、何歳になっても魅力的に輝き、若者から見て憧れの的存在となる人がいる。彼らは年齢のせいにして何かを諦めることはない。年をとればとるほど自分らしい輝きに磨きがかかる。そんな人生こそ理想である。若者から「ああいう年の重ね方をしたい」と思われる生き方をしたいものである。

 

人生100年時代を迎え、同時に副業も解禁となった。しかし国が働き方改革をしても、私達個人の働き方が変わらなければ意味ない。国になんとかしてもらうのではなく、主体的に「自分で働き方改革」をする。自分のための人生を創る。

 

しかし、多くの人は「自分ごと化」できない。いまさら「会社と家の往復を辞めて、社外で好きな仕事や活動をしましょう!」と言われても「何も思い浮かばない」のである。

 

これは17年間、私が「社外で何やりたい?」の質問をし続けて、気づいたことだ。7割が「やりたいことがわかりません」と答える。なかにはできない理由を並べる人もいる。

 

会社でもない家でもない第三の場所で「あの日失った自分」を取り戻す! それができている人はまだまだ少人派なのだ。1年後、3年後、5年後、第三の場所で「あの日失った自分」を取り戻す人は確実に増える。

 

心の自由を楽しめる人々が増えるはずだ。あの青春の頃のように、全世代が「生きることを楽しむ時代」がやってくる。そのころにはきっと、この日本に「バカンス法」も制定されているのであろう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

作家・パラレルワーク研究家

潮凪洋介

著者・作家/ライフワーク・クリエイト協会理事長。著書68冊・累計165 万部。「国民1人に1 つの“社外ライフワーク(パラレルワーク)”を」をテーマに「誰もが社外でもう一つの“好きで得意な仕事・活...

潮凪洋介のプロフィール&記事一覧
ページトップ