夏休み明け、仕事する気がしない……どうしたらやる気が戻ってくる?

ヘルス・ビューティー

Suits-woman

 

お盆休みなどの連休明けは、仕事に行くのも憂鬱です。明日も来なくていいし、そのままずっとベッドに寝ていたい……。それでも、仕事の日はやって来ます。休み明けで気分が乗らない時は、気持ちと体を切り替える必要があります。

 

特にお盆休みをダラダラと過ごしてしまうと、休日自体にメリハリがないため体内時計が乱れてしまいがちです。体内時計が乱れると、疲れがどんどん取れなってしまいます。やがて、移動自体がストレスになってしまうのです。今回の記事では、夏休み明けにやる気を取り戻す方法をお伝えします。

 

 

■まずは出社に遅刻しないことを考える

 

出社前に憂鬱になるのは、「連休中に溜まった仕事を、今日は1日でやらないと」などと業務内容の心配をするからです。仕事の内容をあれこれ考えると、どんどん憂鬱になり会社に行くのが億劫になります。まずは、小さな目標として出社に遅刻しないことだけを考えましょう。

 

また、会社についてからも「今週はプレゼンがあるから、1週間以内にスライドを作らないと」と考えるのではなく、あくまでその日の仕事だけ考えましょう。休み明けは、脳が活発に動いていないのであれもこれも考えるとパンクしてしまいます。脳に完全にスイッチが入るまでは、欲張らないようにしましょう。

 

仕事仲間と顔を合わせたら、次第に少しずつ仕事モードを思い出すはずです。まずは仕事モードに戻るまでのリハビリ期間と思って、無理せず仕事に取り組みましょう。

 

 

■前日から、体内時計を整えておく

 

最も大切なのは、仕事の前日(休みの最終日)には体内時計を整えておくことです。仕事に行く日と同じ時間に起き、同じように寝るようにして下さい。できれば、なるべく家にこもらず外に軽く出かけて下さい。明日に疲れを残さないように、外出先は地元のお店辺りにしておきましょう。モーニングやランチに行く程度で大丈夫です。

 

家を出るのが面倒なら、家の中を掃除するのもオススメです。掃除は、心をスッキリさせるだけでなく軽い運動効果も期待できます。また、前日はゆっくりお風呂に浸かって睡眠の質を良くしておくと寝置きがスッキリします。休み中に溜まった体内の疲れも、前日までにケアしておきましょう。

 

仕事に行く日と同じ時間に起きて寝ることで、体内時計が整うようになります。前日から体を戻しておけば、仕事当日にはダルさも減少します。

 

 

■1日が終わったら、頑張ったご褒美をする

 

休み明けの出社1日目が終わったら、オシャレなカフェ、デザートを食べる、マッサージに通うなど自分へのご褒美を計画しておきましょう。仕事に行くのがどうしても憂鬱なのであれば、自分にご褒美を作って背中を押しましょう。出社したら、ご褒美に缶コーヒーを買うなどでも大丈夫です。

 

ご褒美は、出社したくないと憂鬱になった瞬間に計画しましょう。憂鬱な気分を乗り切るには、まずは自分にご褒美です。オシャレなカフェで、美味しいコーヒーを飲むと「ああ、今日も頑張ってよかった。また明日も頑張ろう」と思えるかもしれません。

 

ご褒美を得ると、人はまた次のご褒美を考えます。ご褒美をまた得たいと思うと、お金を稼ぐために仕事をしなければなりません。このようにして、自分にご褒美を続けることで仕事を頑張り続けることができるようになります。

やる気は仕事当日から出なくても大丈夫!当日はその日の業務だけを消化することに専念してみてください。

■夏休み明けの仕事のやる気を戻す方法まとめ

 

休み明けは、とくにダラダラ過ごしていると体内時計が狂いやすいのでやる気もおきません。そのため、できれば前日から体内時計の調子を整えておきましょう。

 

仕事の前日には、仕事に行く日と同じ時間に起き、同じ時間に寝ましょう。休みの疲れを取るためにも、ゆっくりお風呂に浸かりましょう。体の疲れが取れるバスソルトや、バブは血行促進効果があるのでオススメです。

 

どうしても仕事のやる気が戻らないのであれば、憂鬱気分のうちにご褒美を計画しましょう。ご褒美は、出社1日目が終わったら行ないます。カフェでもマッサージでも、あなたが最も望んでいることを叶えるようにします。

 

自分へのご褒美を計画し、仕事は目の前にあることのみを考えてまず1日を乗り切りましょう。あれもこれもしなきゃと考えると、どんどん憂鬱になるので脳が完全に仕事モードに戻るまでは無理をしないようにしましょう。ご褒美を自分に与えることで「またお金を稼ぐために、仕事しよう」と、仕事も前向きに考えられるようになります。

 

ご褒美は、高価なものじゃなくても1杯のコーヒーでも構いませんし、コンビニのデザートでも構いません。朝出社したら、缶コーヒーを買ってホッと一息というご褒美でも大丈夫です。大事なのは、自分のためにお金を少しでもいいから投資するということです。自分のためにお金を使うことは、仕事へのやる気にも繋がります。

 

また、朝にコーヒーを飲むことはカフェインによる目覚めも期待できるので、オススメです。みなさんも、時には自分にご褒美をして仕事のモチベーションを保ってくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Suits-womanの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

Suits-woman

Suits-woman

働く〝堅実女子〟のためのリアルライフマガジンとして発行されているSuits WOMAN。雑誌名は、働く女子のための服=スーツから付けられました。またSuitsには英語のsuit (ぴったり合う)という意味も。あなたのライフ...

Suits-womanのプロフィール&記事一覧
ページトップ