コンビニが林立する中、なぜ自動販売機は必要とされるのか?

ライフスタイル

 

■「コンビニ」よりも自販機がいい理由

 

最近の私は、ペットボトルの飲み物を買う時、コンビニよりも自販機を使う事の方が多い。最近のコンビニは、商売としては当然とはいえ、一定の売り上げが見込める人気商品と定番商品、安定した供給が行える大手メーカーといった製品しか置かないせいか、「こんなの出てたのか?」というような驚きはほとんど無いのだ。

 

キリンの「世界のKitchenから」の新作や、伊藤園が時々投入する変わったフレーバーティーはともかく、例えば、季節の果物のジュースや、地域性の高いお茶などは、まずコンビニで見かけることがないのだ。となると、飲み物好きの私としては、自販機を見て、梨のジュースとか、フルーツティー系とかの、あまり見掛けないものを選んで買う事になる。

 

自販機はコンビニとは流通経路が違ったりするため、大手メーカーのコンビニからは弾かれた製品、例えば、販売当初はコンビニにもあった「紅茶花伝 クラフティー(CRAFTEA) 贅沢しぼりオレンジティー」が、未だに普通に入っていたり、山形食品の「山形代表 ら・ふらんす」のような、JAが流通させている地方のメーカーの飲み物が入っていたりするわけだ。

 

 

■アトラクションの一種だった自販機

 

かつて自動販売機は、小売店が少ない場所に設置される、簡易コンビニのようなものだったと思う。雑誌の自販機なんて、その最たるものだ。だから、コンビニが溢れた現在は、あまり見られなくなった。そのもっと前、自販機が登場し始めた頃は、多分、アトラクションの一種のようにも機能していたと思う。

 

ジュースの噴水が乗っている紙コップが出てくるジュースの販売機などが、その代表。缶ジュースの自販機が出てきた頃までは、まだ「自販機で買う」という事がエンターテインメントだったのだ。だからこそ、カップヌードルの自販機が出た時、ビックリしつつ、何だか嬉しくて、意味もなく、あのお湯が出てくる使いにくい自販機で、意味なくカップヌードルを食べていたのだ。

 

外で、弁当代わりに温かいものが食べられる衝撃もあった。あれは、技術の最先端に触れたような歓びだったのかもしれない。振り返るとバカみたいだけど、苦笑いしつつ、カッコいいと秘かに思っていたのだ、当時の子供は。

 

避妊具の自販機のように、買うのが恥ずかしいものを売るタイプもあったけれど、しかし、町の人たちは皆、そこに自販機がある事を知っているわけで、だったらまだ薬局に行く方がマシだと、大学生の私は思っていたけれど、アレはどのくらい有効だったのだろう。

 

 

■“最新”に触れる身近な情報源

 

気がつくとタバコの自販機もすっかり見かけなくなってしまった。アレは私がタバコを吸っていた当時、新しい銘柄が出た事を知るためのものだった。スーパーヘビースモーカーだった私は、2カートン以上の買い置きがないと落ち着かず、鞄には必ず5箱くらいタバコを入れていたので、自販機で買うという事はほとんどなかったのだ。しかし、情報源として、とても重宝していた。飲み物の販売機も、そういう側面があったと思う。今ほどコンビニがなかった時代、最新の飲料系に触れる最も身近な情報源が自販機だったのだ。

 

多分、今の自販機は、その役割を変えて、小さな小売店になっているように思う。かつて、小屋にずらりと自販機を並べて「無人販売所」なんて名前を付けていたところがあったけれど、今や、それが洒落ではなく、役割としては、田舎道とかにある無人販売所とほとんど変わらないように思う。だから、駅の自販機には、コンビニにない飲み物がやたらと売っていたりするのだ。「モヤモヤさまぁ~ず2」で注目された1000円自販機のような在り方こそが、今後の自販機の主流なのかも知れない。

 

大量流通大量消費から外れた製品を売るためのソリューションとしての自販機。それは、ガシャポンなどとも近い。というか、多分、ガシャポンという在り方こそが、「どこにでもある自販機」という日本独自の文化の基本なのだ。「妖怪根付」とか「立体浮世絵図鑑」とか、ニッチなものを販売できるのも、自販機という流通形態のおかげなのだ。それが最近では、緊急の際にも役立つ機能まで搭載して、街のあちこちに立っている。これだけコンビニが林立している中で、まだ自販機はなくてはならないものなのだ。だからこそ、自販機は壊されているのが当たり前、という社会にはならないで欲しいなあ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

小物王

納富廉邦

フリーライター。グッズの使いこなしや新しい視点でのモノの遊び方などを得意とし、「おとなのOFF」「日経トレンディ」「MONOマガジン」「夕刊フジ」「ココカラ」などの雑誌をはじめ、書籍、ネットなど、さまざまな...

納富廉邦のプロフィール&記事一覧
ページトップ