忙しい女性に朗報! 手作り料理の「時短」と「おいしい」を同時に叶える方法あります

ライフスタイル Sponsored

citrus 編集部

 

厚生労働省の調査によると、共働き家庭は1200万世帯に迫る勢いで増加が続いています。

 

仕事と家事の両立で忙しい日々を過ごす女性たちにとって、「帰宅後の夕食づくり」は精神的にも肉体的にも大きな負担です。温めるだけ、買ってくるだけという惣菜や冷凍食品、デリバリーを利用すればラクをすることができても、家族への罪悪感は増すばかり。精神的な負担が軽くなることは難しいといえるでしょう。

 

仕事を理由にしてはいけない、やはり家族には手間ひまかけた夕食を食べさせてあげたい……、そんな思いでつい無理をして頑張ってしまうのが日本の真面目な主婦たちの現実です。

 

「ちゃんと」料理をしたいと思っていても、実際は忙しい毎日、料理に割ける時間には限界があります。いかにうまく効率化して、おいしい料理を作り出せるかというのが、働く主婦に共通する悩みなのです。

 

 

■時短だけじゃない! 「プチ圧力」でレンチン料理がワンランク上の味になる

 

週末の作り置きや下ごしらえの冷凍テク、レンジを駆使した時短レシピの研究、さまざまなグッズも試してみた。でも、レンチン料理では、やはり鍋やフライパン調理に劣る気がするし、圧力鍋やスチーマーのような便利器具を持っていても手入れが面倒……、そんな女性たちのモヤモヤを一気に解決してくれるかもしれないスーパーアイテムが登場しました! 材料と調味料をバッグに入れてレンジ加熱するだけで、おかずが簡単に作れる調理バッグ『』です。このバッグが画期的である理由は2つ。

 

1つ目は、手間ひまかけた風の出来立てのおいしさが叶うこと。「レンジでチン」といっても、「温めなおし」クオリティではないのがこのバッグ。いくら時短しても味がイマイチでは台無しです。『』なら、約1.1気圧、102℃の「プチ圧力」がかかります。高い圧力と温度で調理ができるので、短時間で食材に味がしみこみます。まるでじっくり煮込んだようにおいしく仕上がるなんて魔法のよう!

 

塾の前に軽食を食べたい子どもや残業で帰宅が遅くなった夫など、時間差夕食でも1人分ずつ出来立ての手作り料理を味わってもらうことが可能になります。

 

 

2つ目は、冷凍ストックしておけること。余裕があるときに材料と調味料をバッグに仕込み、加熱せずに冷凍庫に入れておけば、必要なときにレンチンするだけで完成します。帰宅したママを悩ませる子どもの「おなかすいた」コールにも、夫からの急な「夕飯は家で食べる」メールにも、イライラしたり慌てたりせずに対応できそうです。

 

 

実は、一連の作業が袋の中で済み、使い捨てできるという気軽さもかなりのポイントです。圧力鍋を洗う手間も、スチーマーのメンテナンスも不要。疲れ切ってキッチンに立つ気力がない夜や、お弁当と朝食を準備する慌ただしい朝などは、洗い物が最小限で済めば少し心が軽くなることでしょう。

 

家族を笑顔にする手作り料理は、作る人自身が笑顔で向き合えてこそ価値があるもの。毎日の食事作りへのストレスを減らすことができれば、家族の笑顔と健康の維持に、きっとつながるはず。「おいしい料理」と「時短」が同時に叶う『』は、働く主婦の救世主になってくれることでしょう。

 

 

提供:

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ライオン株式会社の人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

citrus 編集部

citrus(Kyrgyzdiary)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「私たちはあなたの理解を助けるでしょう」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

citrus 編集部のプロフィール&記事一覧
ページトップ