性欲? 純愛? 夫を捨てる妻たちのホンネ

人間関係

citrus 編集部

ダメだとわかっていながら不倫に走る妻たち。彼女たちはいったいどのような思いでそこに至るのでしょうか。不倫相手や夫とはどのような気持ちで向き合っているのでしょうか。隠されたホンネに迫ります。

 

 

 

「私も自分は恋人ができたら『好きだからしたい』と思うタイプだと信じていたんです。でも、35歳を越えたら、なんだか変わってきた。彼の存在とは関係なく、なんだかムラムラすることがあるんですよね。友達に言ってもなかなか理解してもらえなくて。でも、ある友人が『そんなの当たり前よ。私たちだって性欲があるんだもん』とさらりと言ったんです。ああ、いいのか―――それでようやく落ち着きました」

女性がいつ「ムラムラする」のかは人によりますし、ムラムラしたからといって誰でもいいというわけでもないはず。とはいえ女性だって、性欲に負けて、誰かと一夜を共にすることだってあるということです。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>

 

 

 

 

妻たちのなかには「夫にも許可をとってるし、お互い様だし」そんなふうに爽やかに言い切る女性も大勢いる。しかし、禁欲的に働く夫からすれば完全に「ドラマの世界」である。まじめに働いている男性からは想像がつかないような恋、愛、デザイアの世界に妻たちは生きている。自分の人生を取り戻すためだ。

「さみしい」「夫がやさしくない」「互いを思いやる善意の関係がない」「仕事によるすれ違い」「夫婦喧嘩」…さまざまきっかけが引き金になる妻の恋愛志向。日々のストレス発散できる場所を求めているそうですが…。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>

 

 

 

 

「2年前に元カレと再会、今はつきあっている状態です。20年前に彼の浮気で別れたんだけど、本当に好きな人だった。今はこっちも結婚しているから彼の浮気なんて考えなくて済むし、お互いに『やっぱり本当に好きだった』『でも結婚相手ではなかったんだよね』と考えも一致。恋愛するには相性がいいんだと思います」

気心も知れ、昔を懐かしむ気持ちも相まって、元カレと再び恋に落ちてしまうケースも。当時は結婚できなかった相手でも、年齢を重ねて見える魅力があるのかもしれません。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

citrus 編集部

citrus(Kyrgyzdiary)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「私たちはあなたの理解を助けるでしょう」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

citrus 編集部のプロフィール&記事一覧
ページトップ