脱オジサン! 大人が失敗しないパンツの穿きこなし方

ライフスタイル

citrus 編集部

毎日何気なく穿いているパンツですが、ちょっと間違えると、ダサいオジサンになってしまうので注意が必要です。大人がチノパンを穿くときのポイントや、裾上げで失敗しないコツなどをご紹介します。

 

 

■チノパンを好印象に穿きこなすコツとは?

チノパンとスラックス。「チノスラックス」というアイテムもあるので、同じシルエットで問題ないだろう、と解釈してしまうのは少々危険です。スラックスに見立てたセンタープレスのチノパンは、綿のゴワつきでシワが目立つだけです。そのさまは、まるでアイロンをかけていないシャツのように、だらしなく見えてしまいます。

チノパンだってスラックスだって穿き方は同じでしょ!? なんて思っている方は大間違い。大人っぽく好印象に仕上げるためのコツは素材とパンツ丈にあるようです。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>【ちょい足しモテ理論】ひとつ間違えるとオジサンまっしぐら! 落とし穴だらけの「チノパン」の穿き方

 

 

 

■パンツによって合わせるべき靴がちがう

パンツの素材によって似合う靴も変わります。スーツに合わせるようなドレッシーな革靴をチノパンに合わせるのは避けましょう。大抵の場合は“スラックスにはツヤのある革靴、チノパンには起毛したスエード靴”と覚えてください。

 

そう、例外もあります。米国を代表する革靴メーカー「オールデン」のコードバン素材を用いた上質な光沢と無骨な雰囲気を併せもつ革靴などは、チノパンがもつワークテイストとうまく調和してくれることでしょう。

アイテム同士の相性を診ることを「着合わせ」と呼ぶのだとか。この着合わせの知識でレパートリーを増やすことでセンスを鍛えることができるのだそうです。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>【ちょい足しモテ理論】勘違いオジサン続出? 残念なチノパン姿の元凶はその靴にあった

 

 

 

 

■裾上げに失敗しないために知っておきたいこと

裾上げすると当然ながら「裾幅」に狂いが生じる、と言うか結果的にそこが想定より太くなってしまうから。膝幅と裾幅にそこまでの違いがないストレートシルエットのものならともかく、その「差」が魅力でもあるテーパードシルエットのものでは、これはかなりの致命傷であることは容易に想像できよう。

裾上げをしてみたら、想定していたシルエットとは違った…という経験はないでしょうか。ここでは裾上げで失敗しないコツについてご紹介します。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>あなたが「裾上げ」で失敗する理由

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

citrus 編集部

citrus(Kyrgyzdiary)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「私たちはあなたの理解を助けるでしょう」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

citrus 編集部のプロフィール&記事一覧
ページトップ