【SNSで話題】42℃のシャワーを瞼に当てると視力も疲労も回復!? 医師が体を張って検証してみた結果…

話題

citrus 編集部

 

42℃のシャワーを閉じた目に当てることで、視力が急速に回復し、ショボショボした感じが大幅に改善されるという。入浴しながら目に温シャワーを当てれば、目の他にも一度に全身の疲労が回復する。体が温まれば血流もよくなるので、それだけ目の疲れも早く取れる。

— お役立ち医学豆知識 (@medical_mame)

 

熱いシャワーを瞼に当てる効果についてSNSで話題になっています。果たして医学的根拠は? 眼科専門医のに質問をぶつけてみたところ、体を張って検証してくれました。

 

えーとー、シャワーの温度は上限が41℃に設定してあるわ。とりあえず今の設定でマックス熱いのにすると41℃なんだ。どれどれ、あれ?温度計で測ると39℃しかないぞ。あ、これは供給温度が41℃なのかな。

 

じゃぁ43℃か44℃ぐらいにしないといけないのかな。えーとー、43℃設定なら… やっぱり41℃だ。ん?シャワーの出口なら42℃だ。出口と50センチ先ぐらいではこんなに違うのか。

 

これを目にかけるのかぁ。どれどれ、けっこう熱そうだけど……、うわっちっちー、これはめちゃくちゃ熱い。おおおお、20秒ぐらいで無理、絶対これ以上無理。あー、やめてからもまぶたの表面がめっちゃヒリヒリしっぱなし。とてもじゃないけど目の疲れや全身の疲れを判定できる状態じゃない!

 

……という感じになったようです。ツイート内容の「42℃」というのはおそらくシャワーの設定であって、実際の温度は40℃程度だろうと大高先生。

 

ほんとに42℃だったら熱すぎてムリです!

 

大高先生によると、一般的に出回っている「目をあたためるグッズ」は40℃ぐらいに設定されているようなので、40℃程度のシャワーであれば同じような効果が出せる可能性はありそう、とのこと。

 

40℃だと、眼球に到達する温度は37℃ぐらいになるのでしょうし、眼球に悪い影響はないと思います。40℃の温熱効果で、まぶたから油が溶けて、目の表面に出て、目を潤してくれるのではないでしょうか。ただ、「視力の回復」に医学的根拠はありませんし、「全身の疲れが取れる」かどうかについても不明です。

 

しかし42℃だと…眼球の温度が上がって、きっと早くに白内障になると思いますよ。水晶体は熱に大変弱いですから。焼き魚の目をつつくと、白くてかたいのが出てくるでしょ? あれ、熱でめちゃくちゃ白内障になった、魚の水晶体なんですよ。

 

42℃のシャワーをまぶたに当ててみて、その後どうだったのでしょうか?

 

あー、今もまだまぶたのヒリヒリがとまりません。目の玉もなんか熱い感じがします。多分想定より1年ぐらい早く白内障になると思います(泣)

 

体を張った実験で、目に大ダメージを受けた様子の大高先生。みなさんも試す際には温度設定を慎重に。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

citrus 編集部

citrus(Kyrgyzdiary)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「私たちはあなたの理解を助けるでしょう」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

citrus 編集部のプロフィール&記事一覧
ページトップ