クソまじめな男は損をする…色気たっぷりの「会話上手男」になる3つの方法

人間関係

citrus 編集部

自分に自信がなくて、女性と話すのはどうしても緊張してしまう……。冗談や洒落が通じないとよく言われる……。そんなマジメなあなたが会話上手になるために覚えておきたい3つのテクをご紹介します。

 

 

 

男性が女性と話すときに緊張してしまうのは、自分のことばかりに注意がいっている証拠。自意識過剰を自覚するだけで緊張は多少やわらぐ。もっと言えば「男の緊張は女性側にとってはまったく無関係なこと」であると思えば、緊張はさらに緩和される。

会話がうまくいかない、どうしても緊張してしまうという場合は、自分が3割話し、相手が7割話すといった状態を目指すべきだという筆者。そのために覚えておくべき相槌もご紹介します。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>             

 

 

 

「目の前の人は、いま僕と一緒にいて本当に楽しいのだろうか……」

 

そんなふうに相手に申し訳ない気持ちを抱いたことはないだろうか。とかく自分に自信がない人は、このように思いがちである。自分に自信があったとしても、自分自身が相手にマンネリ感を抱き始めたりすると、その裏返しで「相手もそう思っていたら嫌だな……」と思うものである。また、楽しいデートコースを用意できなかった男が女性をそのように勘ぐったりもするものだ。

相手が楽しんでいるかどうか不安なときは、相手も同じように不安に思っていると考えてみたい。自分自身が心から楽しみ、相手を気遣うことでその場の空気を変えることができるのだそうです。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>

 

 

 

 

すべての会話を真に受け、冗談や洒落として受け止めるべきところも流せない。通なら一緒にボケるところを「え? それは嫌ですよ。勘弁してください」と真顔で言ってしまう。そんな人がいる。その瞬間、 相手は「あ~、この人はこの手のタイプなのね」 と一歩引く。「融通が利かないタイプ」「楽しくない人か」 と落胆する。そして、コミュニケーションに一種、障害を持つ人だと判断してしまう。

 

心当たりのある方は、人生がパッとしない理由の1つがこの「まじめさ」かもしれない。

まずは応急処置として「またクソまじめに答えてしまいますけど…(笑)」という枕詞を用意。 “自分突っこみ”を頻繁に行うことからはじめてみるのがおすすめだそうですよ。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

citrus 編集部

citrus(Kyrgyzdiary)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「私たちはあなたの理解を助けるでしょう」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

citrus 編集部のプロフィール&記事一覧
ページトップ