ガチ評価! 無印・カルディ・成城石井…有名スーパーのレトルトカレー12種を食べ比べ

ライフスタイル

Getkyrgyzdiary web

カレー・ルーの売上を、レトルトカレーが上回ったといわれる昨今。そういえば、PB(プライベートブランド)やご当地食材系、有名店系など、店頭でさまざまなレトルトカレーを見るようになったと思いませんか? 今回はそのなかから、有名スーパーのPBに的を絞って、全12品をご紹介します。

 

【セレクトはこの5スーパー】

  • 無印良品
  • 紀ノ国屋
  • 成城石井
  • 明治屋
  • カルディ

 

 

 

 

■【無印良品】豊富なラインナップと本格的な味わいで大人気

 

無印良品の名物シリーズのひとつが「素材を生かしたカレー」。30種類以上といわれるバリエーションの豊富さや、ナショナルブランド顔負けの本格的な味わいで人気を博しています。

 

 

「バターチキン」税込350円

 

シリーズNo.1といわれる人気商品です。特徴は、「ギー」というバターオイルを使ったまろやかさ。さらには本場のハーブ「カスリメティ」の香り、トマトのうまみ、カシューナッツのコクが生きたおいしさです。

 

 

【評価】

 

トマト由来の甘味や酸味が豊かで、ソースの色も赤め。刺激が控えめな一方、フルーティな甘さが際立っているので、辛さが苦手な人にもオススメ。素材が溶けていて具はチキンのみですが、とろみのあるテクスチャーで食べごたえは十分。ライスはもちろん、ナンをはじめとするパンにもよく合います。

 

甘さ ★★★★★★☆
辛さ ★☆☆☆☆☆☆
コク ★★★★★☆☆

 

 

「マトンドピアザ」税込490円

 

アメ色に炒めた玉ねぎと生の玉ねぎの2種類を使い、コクと食感を生かしてマトンと合わせたカレー。豊富に入った粗挽きスパイスによって、魅惑的なフレーバーを楽しめます。

 

 

【評価】

 

玉ねぎによる甘やかなうまみがありながら、ほどよい辛さとスパイシーな余韻が印象的。マトンらしいミルキーな肉のダシが独特なパンチを演出し、羊好きならたまらないおいしさでしょう。クミンなどがホールで入っており、噛んで弾けるエスニックな風味もたまりません。

 

甘さ ★★★★★☆☆
辛さ ★★★★☆☆☆
コク ★★★★☆☆☆

 

 

「チキンとごろごろ野菜のスープカレー」税込490円

 

鶏肉、じゃがいも、ヤングコーン、うずらの卵など具だくさんな内容です。チキンのうまみが効いた、サラっとしたテクスチャーのスープも特徴。

 

 

【評価】

サラサラですが、チキンと野菜のダシはしっかりめ。風味にはハーブを強めに効かせている印象。また、スパイシーさや辛さが余韻としてジワジワ感じられ、味わいとしての力強さは十分です。じゃがいもとにんじんが大きめで魅力的ですが、そのぶん鶏肉が小さいため少々残念。

甘さ ★☆☆☆☆☆☆
辛さ ★★★★☆☆☆
コク ★★☆☆☆☆☆

 

次は、紀ノ国屋のレトルトカレーをチェックしてみます。

 

 

■【紀ノ国屋】生産者のストーリーが息づく“東北の味”

 

JR東日本グループの「地域再発見プロジェクト」の一環で生まれた「TASTE OF TOHOKU」シリーズ。素材の背景にあるストーリーまで消費者に発信することで、地域の魅力を感じ、現地を訪れてほしいという想いから個性的なレトルトカレーが誕生しました。

 

 

「TASTE OF TOHOKU/青森のシャモロックカレー」税込680円

 

具材として使われている青森シャモロックは、同県産にんにくパウダー配合の飼料で育成。弾力のある肉質は歯切れよく、噛むほどにうまみが広がります。

 

 


【評価】

 

シリーズを通して、“ザ・カレーライス”を彷彿とさせる、家で作るカレーのようなテクスチャーが印象的。個人的に、鶏がむね肉というのがやや残念。とはいえ、全体的には鶏の豊かなうまみを感じられる、パワフルな味わいでおいしいです。

 

甘さ ★★★☆☆☆☆
辛さ ★★★☆☆☆☆
コク ★★★☆☆☆☆

 

 

「TASTE OF TOHOKU/岩手の短角牛カレー」税込680円

 

岩手の環境を生かした飼育方法により、春から秋は母牛と放牧地で過ごし、冬以降は牛舎で育てられた短角牛を使用。じっくり煮込んだ牛肉は、口のなかでほろりとくずれるやわらかさです。

 

 


【評価】

 

やさしい甘味とほのかな酸味。リッチなビーフのうまみが、とろみのあるテクスチャーのカレーとマッチして、より贅沢な味わいを演出しています。

 

甘さ ★★★☆☆☆☆
辛さ ★★☆☆☆☆☆
コク ★★★★☆☆☆

 

 

「TASTE OF TOHOKU/秋田の八幡平ポークカレー」税込680円

 

豚にとって快適な、澄みきった空気の環境のもと、秋田の地で30年以上生産されている八幡平ポーク。肉質はきめ細やかで、うまみはたっぷり。それでいて脂身はあっさりという、素材の特徴を生かしたまろやかなカレーです。

 

 


【評価】

 

洋食のカレーを思わせる、やさしいながらもコク深いソースが印象的でした。辛さは控えめで甘味は豊か。肉はしっとりとしたやわらかさで、上品な味わい。一般的なポークカレーの豪華版といえる満足度です。

 

甘さ ★★★★☆☆☆
辛さ ★★☆☆☆☆☆
コク ★★★★☆☆☆

 

次は、成城石井のレトルトカレーをチェックしましょう。

 

 

■【成城石井】数種のブランドを展開し多彩なカレー生活を提案

 

日本におけるインドカリーの元祖「中村屋」とコラボするなど、多彩なPBレトルトカレーをそろえる「成城石井」。そのなかから今回は、最高峰ブランドに位置付けられている「desica」シリーズと、アジアン料理が好評な同社が誇る人気商品「グリーンカレー」を紹介します。

 

 

「desica 有機キヌアとガルバンゾビーンズのスパイシーカレー」税込430円

 

主原料に動物性由来の原料を使用せず、有機キヌアやガルバンゾビーンズを主体にした豆のカレー。スパイスは9種類をブレンドし、深いコクに奥行きある辛味をプラスしています。

 

 


【評価】

 

ゴロッとした食感の豆がたっぷり。キヌアはドロッとしたテクスチャーづくりに一役買っており、このままおつまみになりそうな凝縮感と食べごたえがあります。お酒と合わせるなら、特にワインやハイボールなどの洋風系がよさそう。辛さはじんわりと追いかけてくるタイプで、好きな人はハマる味といえるでしょう。

 

甘さ ★★★★☆☆☆
辛さ ★★★★★☆☆
コク ★★★★★☆☆

 

 

「グリーンカレー」税込442円

 

タイで製造されており、本格的な味わいが楽しめます。たっぷりのココナッツミルクのコクと、ホールのまま入ったハーブの絶妙な香りとバランスがたまらない人気商品。

 

 


【評価】

 

サラっとしたテクスチャーながら、ミルキーなコクがあってうまみは十分。甘味と酸味は控えめで、辛味は本場のテイストを思わせる刺激的なレベルです。具材も秀逸で、鶏肉はしっかりとした身の部分と、皮のようなトロっとした部位のメリハリがお見事。また、細切りのたけのこがシャキシャキとした食感を演出するのも魅力です。

 

甘さ ★★★☆☆☆☆
辛さ ★★★★★★☆
コク ★★☆☆☆☆☆

 

続いて、明治屋のレトルトカレーをチェック。

 

 

■【明治屋】老舗の矜持を感じる高品質なカレー

 

高級スーパーの老舗である「明治屋」が、取引先との信頼関係をもとに選び抜き、品質、おいしさ、お値打ち価格を追求したここだけの商品群。レトルトカレーも幅広いラインナップで、そのなかからふたつの中辛ビーフカレーを食べ比べてみました。

 

 

「京橋カリー ビーフ(中辛)」税込399円

 

たっぷりの野菜とブイヨンで煮込んだ、風味豊かなこだわりの逸品。具材は牛肉とブナシメジがメインで、素材のうまみがスパイスとバランスよく調和しています。180g入り。

 

 


【評価】

 

欧風煮込み料理の基礎、フォン・ド・ヴォーを感じさせる、どっしりとした円熟のうまみがあります。そこに野菜やきのこ、スパイスの香りなどが加わって複雑味のあるフレーバーに。肉はジューシーな部位が大きめのカットで入っており、カレーの味わいも濃厚かつパワフルです。

 

甘さ ★☆☆☆☆☆☆
辛さ ★★★☆☆☆☆
コク ★★★★★☆☆

 

 

「ビーフカレー(中辛)」税込512円

牛肉をベースに、ソテーした玉ねぎをはじめとする野菜、さらにりんご、にんにく、しょうがなどをじっくり煮込んだ味わい深いカレー。肉のカットが大きく、満足感の高い仕上がりです。200g入り。

 

 


【評価】

 

京橋カリー同様の、フォン・ド・ヴォー的なふくよかさは健在。ただ比較的に濃厚さが抑えめで、量が20g多いながらエネルギーは300kcalと低く(「京橋カリー ビーフ(中辛)」は345kcal)、より上品な味わいです。ベースのソースはアメ色の玉ねぎがポタージュ感を生み出し、ほんのり甘くグレイビー。大胆カットの牛肉はやわらかく、贅沢感もひとしおです。

 

甘さ ★★☆☆☆☆☆
辛さ ★★★☆☆☆☆
コク ★★★★★☆☆

 

最後に、エスニックフードがそろうカルディをチェックしました。

 

 

■【カルディ】エスニックも得意な食料品店の個性あふれるインドカレー

 

名物のコーヒーのほかに国内外の食品を豊富に扱い、エスニカンフードや個性的なオリジナルブランドも人気が高い「カルディ コーヒーファーム」。PBのひとつである「カルディオリジナル」のレトルトシリーズから、2種類のインドカレーを紹介します。

 

 

「パラックパニール」税込345円

ヒンディー語で「パラック」はほうれん草、「パニール」はカッテージチーズ。その名の通り、たっぷりのほうれん草を使い、うまみを生かした北インドの代表的なカレーです。あっさりとしたカッテージチーズは好アクセントで、動物性のブイヨンは一切使わずにスパイスと野菜のうまみだけで作っているのもポイント。

 

 


【評価】

 

ソースのなかにほうれん草がたっぷり溶けていて、豊かなテクスチャーを生み出しています。そのため、甘味や辛味は控えめながらもコクは十分。チーズはマイルドさやクリーミーさではなく塩味に起因しており、ムニっとした硬めの豆腐のような食感がおいしいです。

 

甘さ ★☆☆☆☆☆☆
辛さ ★★☆☆☆☆☆
コク ★★★★★★☆

 

 

「ケララチキン」税込324円

マスタードシードとココナッツミルクを使用した、南インド・ケララ地方の代表的なチキンカレーをレトルトで。口当たりはさっぱりしながらも、スパイスが醸し出す香りとうまみを充分に感じられる仕上がりです。

 

 


【評価】

 

北インドカレーのうまみがトマトなら、こちらはココナッツミルク。北インドほど乳化はしておらず、大量のあめ色玉ねぎを使うことで自然なとろみを出しています。また、マスタードシードのブライトなスパイシー感が心地よく、独特の塩味を創出。甘さも辛さもソフトなうえに酸味もおだやかで、独特ながらなじみやすい味わい。タイ系カレーのココナッツ感とは違いますが、南国系カレーが好きな人には特にオススメです。

 

甘さ ★★☆☆☆☆☆
辛さ ★★★☆☆☆☆
コク ★★★★★☆☆

 

今回は代表的な有名スーパーを中心に紹介しましたが、オリジナルのレトルトカレーを扱っているスーパーはほかにもたくさん。本場そのままの味に近づけたり、日本の食材を使ったりと、お店の特色を生かしていることが多いので、比べてみると楽しいはず。

 

毎日食べても飽きないほど多彩なカレー。日々のアクセントにも、ぜひ華麗なるレトルトライフを!

 

【プロフィール】

 

フードアナリスト/中山秀明さん


フードアナリスト・ライター。なかでもビールに関する執筆が多く、大手メーカー、マイクロブリュワリー、ブリューパブ、クラフトビアレストランなど、小売り、外食問わず全国各地へ取材に赴いている。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Getkyrgyzdiary webの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

Getkyrgyzdiary web

Getkyrgyzdiary web

「モノ・コト・暮らし」の深掘りレビュー&ニュースをテーマに、「新」がつくものなら何でも取り上げるウェブメディア。取り扱うジャンルはデジタル・家電からエンタメ、ミニ四駆まで幅広い。スポーツコンテンツにも...

Getkyrgyzdiary webのプロフィール&記事一覧
ページトップ