悪女役を独占!「菜々緒」大躍進の裏側に迫る

エンタメ

出典:「パンテーン(Pantene)」公式サイトより

芸能界で、モデル兼女優の菜々緒(27)株が急上昇しているらしい。

 

東スポによると、

 

9月27日に都内で行われた『P&G パンテーン2016年秋 新CM発表会』に菜々緒が出席。同商品の新アンバサダーとして、白いショートパンツ姿で自慢の美脚をなびかせ、ウォーキングを披露した。最近、悪女役が評判とあって「髪と悪女は『私の名刺だな』と思っています」(28日から放送されている新CMを見て)「自分の髪を活かせる仕事ができるのはうれしい。黒髪の美しさもアピールして、私らしく強く生きていきたい」とコメントした

 

……のだそう。CMだけじゃなく女優としても引く手あまたで、テレビ関係者は菜々緒の使い勝手の良さをこう論じる。

 

「来年1月スタートのNHK大河ドラマ『おんなの城主 直虎』に、徳川家康の正室役として“大河デビュー”します。2014年放送のフジテレビ系ドラマ『ファースト・クラス』での演技が支持され、いまや“悪女役”といえば菜々緒。20代の若手で悪女を演じられる女優はおらず、ほぼ独占状態。しかも、ファッション誌の専属モデルを務める“9頭身美女”で、お色気までこなせる貴重な存在です」

 

さらには悪女のイメージを逆手にとって、好感度をより上げているのだともいう。

 

「アンチも多いですが、生粋から性格も気が強い菜々緒はSNSなどで、自身への中傷に対してたびたび反撃している。以前、ツイッターに寄せられた暴言ツイートに『ええ加減その性格改めろや』と叱責する姿が賞賛を浴びた。かつて『嫌われタレント』の筆頭格だったが、こびないストレートな言動を続けることで、とくに同性から憧れの対象になっている」

 

たしかに、「20代の悪女キャラ」という芸能界上での席は、とっくに埋まっていそうで埋まっていない、キャンセル待ちすらない、完全な空席枠である、いや、あった。どんなストーリーの映画でもドラマでも、たいがいは「差し入れておきたいキャラ」なのに……だ。

 

その理由は「ベビーフェイスで売っていた女優がヒールに転じるには、“落ちぶれた”という自覚を飲み込まなければならない」からにほかならない。つまり、“落ちぶれる時間”と“飲み込む時間”を要するわけであって、しかもそれは「悪役的演技を一から学び直す」「悪役として視聴者のイメージを定着させる」時間もプラスされ、かなりの長期間にわたったりする。言い方を変えると「20代から悪役を演じるなら、しょっぱなから悪役じゃないとダメ」なのだ。そして、まだ「可愛さ」や「ピュアさ」という“若さの勢い”で押し通すことができる20代や10代の女優を“しょっぱなから悪役”として育て上げるのは事務所側としても相当の決断を迫られる……に違いない。

 

では、菜々緒はなぜ“しょっぱなから悪役”だったのか? 

 

本格的な芸能活動をはじめたのは20歳で、当初は格闘技のラウンドガールやレースクイーンをしていた……とウィキペディアには書いてあった。じつによく菜々緒の外見とマッチする、昨今の芸能界では典型とも言える「こりゃ売れそうもねえな…」的な“前歴”である。ラウンドガールやレースクイーン向きの女性タレントは職種柄フェロモンを男性のみに放出するので、本来は同性に嫌われる。しかし、目先の大金に目がくらんでしまうのか、そういった現実から目をそらし、事務所側は彼女たちを「ベビーフェイス」や「中途半端な三のセン」、または「単体系AV女優」へと仕立てようとする。どうせ同性(※←韻を踏んでいる)に嫌われるなら“悪役”が一番の早道なのに。席はもういくつか空いているのに……。もったいない。

 

おそらく、タレント本人に“悪役転向”を説得するのは、事務所側にとって思いのほか骨が折れる行為なんだろう。が、ここはイッパツ“菜々緒の成功例”を冷静に再分析しつつ、今後のドラマや映画の発展のためにも本腰を入れ、めぼしい素材への“アタック”を試みてほしい。

 

ちなみに、私が秘かに“ポスト菜々緒”となる「次世代の20代悪役女優候補」として、目をつけているのは元SKE48の松井玲奈。ラウンドガールやレースクイーン出身と同様、女性人気を得にくい“出”であり、演技力はピカイチ。おまけにツリ眼だし……吹っ切れさえすれば、大ブレイクは目前だ?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

ネットニュースパトローラー

山田ゴメス

1962年大阪府生まれ B型。 ネットニュースパトローラー(※citrus限定肩書き。たまにスポーツ新聞や週刊誌も。略して「NNP」)。 関西大学経済学部卒業後、大手画材屋勤務を経てフリーランスに。エロからファッショ...

山田ゴメスのプロフィール&記事一覧
ページトップ