無印良品の「母子手帳ケース」に通帳を入れたらぴったりでした!

ライフスタイル

&GP

 

無印良品の「ポリエステル・母子手帳ケース」は、母子手帳を収納するためのポーチ。とはいえ、用途はそれだけではありません。特長である“出し入れしやすさ” や “管理しやすい3つのポケット”のおかげで、普段の実用性も高いのです。

 

 

 

通帳やカード、印鑑などの貴重品類の収納、さらにはメモ帳、付箋、電卓など文房具の収納ケースとしても重宝します。実際にふたつのパターンで活用してみました。

 

 

■抜群の収納力が魅力

 

「ポリエステル・母子手帳ケース」は、小(2490円)と大(2990円)の2サイズ展開。カラーは、ネイビーと黒の2種類です。今回は、小を使用しました。

 

↑「ポリエステル・母子手帳ケース・小」。サイズは、20×15cm。左に並べたA5ノートと比べると、ひと回り小さい印象。「ポリエステル・母子手帳ケース・大」のサイズは24×17cm

 

母子手帳ケース最大の特長は高い収納力。ガバッと開くジャバラのおかげで、ポケットが大きく広がり、物の出し入れがしやすくなっています。ポケットには、それぞれ10枚分のカードポケットが用意されており、計30枚のカードが収納できます。

 

また、薄くかさばらないため、持ち運びやすいのもメリット。男女問わないシンプルなデザインも◎。

 

▲ジャバラタイプのポケット。3 つの収納ポケットに分かれている。手前のポケットには、さらにポケットがひとつ

 

母子手帳ケースにはメッシュポーチが付属し、ポーチ単体で使うこともできます。例えば、普段は母子手帳ケースにまとめておき、銀行に行くときは必要なものだけをポーチに入れて持ち運ぶといった使い方が可能。

 

▲付属のポーチ。中のポケットに仕切りがあるため、診察券や保険証などのカードを収納しやすい

 

透明なポケットには、領収書や付箋などの薄い紙を収納すると便利。

 

▲ぴたっとした透明のポケットは、紙類を保存するのに最適

 

病院用として、診察券、保険証などをまとめるのにもよいでしょう。ポケットには、個包装のマスクや、ポケットティッシュも入ります。

 

 

■通帳や印鑑もスッキリ収まる


次に通帳入れになるかどうか試してみました。

 

▲カード類、通帳、パスポート、印鑑、レシートを収納する

 

銀行の通帳も問題なく入る大きさです。ポケットが3つあるので、銀行ごとに分けて収納するのもおすすめ。

 

▲3つのポケットに分けて、通帳を収納。整理しやすい

 

カードをそれぞれ関連するポケットに入れ、領収書は透明のポケットに収めました。

 

▲カード類、通帳、領収書を収納。カードが重ならないので、ひと目で確認しやすい

 

付属のポーチに、印鑑、朱肉、捺印マットなどをまとめて収納し、「印鑑セット」を作っておくのも良さそうです。

 

 

■文房具を整理しよう


B6とA6サイズのノートに対応する小サイズの母子手帳ケースは、ペン、付箋、ノートや電卓などの文房具の持ち運びにも役立ちます。

 

実際に、メモ帳、付箋、ペン、はさみ、定規、クリップ、輪ゴム、絆創膏を母子手帳ケースに収納してみましょう。

 

▲メモ帳、付箋、ペン、はさみ、定規、クリップ、輪ゴム、絆創膏を入れてみた

 

▲輪ゴムやクリップ類は、付属のポーチに入れれば散らからない

 

大きめの付箋紙は、カードを収納するポケットに入れればOK。

 

▲真ん中にペンホルダーがあるので、すぐに取り出せる。ハサミやカッターなど、刃がある文具はファスナーポケットに収納するのが安心。すべての文房具がきれいに収まった

 

税金の郵便物やハガキなどを一時保存する場所として活用すれば、「あのハガキ、どこにしまったっけ?」を防げます。普段は使わない年金手帳も、ここに入れておけば忘れません。自分の使いやすいように、いろいろと工夫してみると楽しいですよ。

 

>> 無印良品

 

(取材・文/中川美紗)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

&GPの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

&GP

&GP

&GP(アンドジーピー)は雑誌Goods Press(グッズプレス)がプロデュースする 家電、デジタル、スマホ、IT、クルマや乗り物、時計、靴、鞄、アウトドアなどの最新ギア、 how to、注目したい人物を紹介するwebメディ...

&GPのプロフィール&記事一覧
ページトップ