大規模通信障害が起こったら、どう行動すべき!? いざという時のために覚えておきたい対処法

話題

Suits-woman

スマホをはじめ、女子が気になるモノ・コトを体験・解決するコミュニティメディア、女子部JAPAN(・v・)()のスマホ通編集部員に、スマホにまつわる女子のお悩みを解決してもらいます。これまでのスマホよろず相談は。

 

通信が使えないことで、日常生活でさまざまな支障が出ることをあらかじめ想定しておきましょう。

 

スマホでインターネットが突然使えなくなったり、LINEが届かなくなったり、通話ができなくなったり……。先日発生したSoftBankの通信障害では、4時間半にわたって通信ができなくなり、3060万件に影響があったと言われています。SoftBank以外にも、同じ回線を利用する「Y!mobile」や「LINEモバイル」などにも影響があったようです。

 

このような大規模な通信障害が長時間起こった場合、どのような行動を取ればいいのでしょうか。今回は、その対処法をご紹介します。

 

 

■自分のスマホの不調か、通信障害かを判断!

 

先日のSoftBankの通信障害では、SoftBankユーザーである筆者のiPhoneも通信ができなくなり、外出中だったこともあり、かなりの不便さを感じました。

 

通信障害の間は「4G」の文字が消えてしまい、代わりに「3G」の文字が表示されたり、圏外になったりと、不安定な状態が続きました。

 

通信障害の間は「4G」が表示されなくなったり、圏外になったりと不安定になります。

 

そのような状態になった時に、まずは、自分のスマホに原因があるのか、通信障害なのかを判断することが大切です。以下の項目をチェックしてみましょう。

 

 

1 モバイルデータ通信や機内モードを確認


誤操作などで、モバイルデータ通信がオフになっていないか、機内モードがオンになっていないかを確認します。iPhoneの場合はコントロールセンターを開くと簡単にオンオフができてしまうので、意外と誤操作で切り替わってしまうこともあります。

 

2 スマホを再起動してみる


通信ができない時や、スマホの調子が悪い時は、まずは再起動をしてみます。スマホの不調が原因であれば、これで改善する場合もあります。

 

3 Twitterやキャリアの公式サイトで確認


それでも通信が回復しない場合は、キャリア側の問題で通信障害が起こっている可能性があるのかもしれません。私の場合は、Wi-Fi環境をひとまず確保して、すぐにTwitterで検索して情報を確認できました。Wi-Fiにつながることができれば、Twitterやキャリアの公式サイト、ニュースサイトで情報を確認することも大切です。

 

 

■バッテリーを低電力モードに切り替える

 

通信障害が起こったら、まず設定し直したいのが「低電力モード」に切り替えること。通信障害になると、スマホが常に電波を探そうとするので、バッテリーを消耗しやすくなります。通信が回復した時に、肝心のバッテリーが無い!なんてことがないように、低電力モードに切り替えておきましょう。

 

 

■無料Wi-Fiを利用する!

 

キャリアの通信障害が起こっても、Wi-Fiにつながることができれば、インターネットには接続できます。街中には公共の無料Wi-Fiなどが提供されているので、そこへ行ってWi-Fiに接続するのもおすすめです。

 

ただし、無料Wi-Fiの利用にはある程度のリスクもあるので、大事なデータのやり取りや個人データを扱う取り引きなどは避けるようにしましょう。

 

 

■電話番号以外にLINEやSkypeでつながっておく!

 

今回の通信障害で、電話が繋がらずに困った人も多かったはず。電話はWi-Fiがつながる環境になっても、通信障害の間はつながらないようです。

 

そんな時でも通話ができたのが、LINEやSkypeなどネット経由のサービス。Wi-Fiにつながりさえすれば、この方法で通話をすることができます。

 

家族や頻繁に電話をする人とは、電話番号のほかにLINEなど2つの手段でつながっておくと安心です。

 

 

■お財布にテレフォンカードを1枚入れておくと便利!

 

「goo防災マップ」など、災害アプリで公衆電話の位置をチェックできます。

通信障害が起こっている最中に、仕事で連絡を取らなくてはいけなかったり、待ち合わせが上手くできずに友達に連絡を入れたい場合に、通話ができないのは困ってしまいます。

 

公共のWi-Fiスポットを探して、LINEなどを利用するのも手ですが、手っ取り早いのが公衆電話。今回の通信障害でも、公衆電話を利用した人が多く見られました。最近は利用する人も激減した公衆電話ですが、こういった状況では頼りになります。よく利用する駅周辺の公衆電話の場所を「goo防災マップ」など災害アプリで把握しておいたり、財布に一枚テレフォンカードを持っていると、いざという時に便利です。

 

 

■バスの時刻表などは、スクショしておこう!

 

普段から何気なくインターネットで確認していることが、このような通信障害では突然できなくなります。私の場合は、出先で通信障害に遭い、いつもネットでいちいちチェックしているバスの時刻が分からなくて困りました。

 

そんな時のために、時刻表などはスクショを撮っておくと便利。スクショを撮って、お気に入りなどに入れておくと、いつでもすぐに確認することができます。また、乗り換え案内の結果なども検索のついでにサッとスクショしておくと、このような場合にも便利だし、いちいちネットに通信せずに確認できるのでおすすめです。

 


■まとめ

 

このような大規模通信障害は、いつ、どのキャリアで起こるか分かりません。そんな時も慌てずに行動できるように、あらかじめ何ができなくなるのか想定しておいたり、そのための対処法を頭に入れておくだけでも違います。スマホで便利になった生活だからこそ、いざという時のために心得ておくといいですね。

 

文/内田あり(女子部JAPAN(・v・))

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Suits-womanの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

Suits-woman

Suits-woman

働く〝堅実女子〟のためのリアルライフマガジンとして発行されているSuits WOMAN。雑誌名は、働く女子のための服=スーツから付けられました。またSuitsには英語のsuit (ぴったり合う)という意味も。あなたのライフ...

Suits-womanのプロフィール&記事一覧
ページトップ