【もやもや】「ちょうどいいブス」を目指したいのは高齢処女だけ?ブス指南が非難ごうごうの謎

ライフスタイル

Suits-woman

平成最後の「女のもやもやセラピー」、もやもやのテーマは「ちょうどいいブス」についてです。

 

ちょうどいいブスとは、相席スタートの山崎ケイさんの著書『ちょうどいいブスのススメ』によると、美人ではないけどブスでもない女が目指すとモテるようになるポジションのこと。

 

しかし、この著書を原作とした同タイトルのドラマが夏菜さん主演で来年1月スタートするとなって、「ちょうどいいブスってなんだよ」「夏菜がちょうどいいブス設定って、どういう了見だ」とネットが大炎上しました。そして先日、ドラマ名がひそやかに『ちょうどいいブスのススメ』から『人生が楽しくなる幸せの法則』へと変更されました。

 

公式の説明によると、「より、ドラマの趣旨をわかりやすくするため」だそうです。つまり、ちょうどいいブスになると人生が楽しくなる、だからちょうどいいブスになれ、という内容に変更はないということ。これについて、「だったらインパクト優先で『ちょうどいいブスのススメ』でよかったのではないか」という意見が圧倒的です。

 

そもそもですが、この「ちょうどいいブス」という言葉は、夏に1回炎上経験があります。それは山崎ケイさんを起用したシャンプーのプロモーションで、彼女が該当のシャンプーで洗い上げたさらっさらの髪の毛をたなびかせながら「もうちょうどいいブスとは言わせない」というコピーが流れるというもの。

 

これに対して、「女は別に男のために髪の毛キレイにしてるわけじゃない」「身ぎれいにしている女性に対して、ちょうどいいブスって失礼すぎませんか?」というようなクレームがバンバン入り、あっという間にお蔵入りとなったのです。

 

それを知らなかったわけがありません。「ちょうどいいブス」という言葉に関して、ネットが敏感であることはわかっていたに違いないのに。その上でタイトルにしたに違いないのに。なぜひっこめたのか……謎。

 

ブスという言葉には良くも悪くも、けっこうな破壊力があります。ドラマ原作となっている『ちょうどいいブスのススメ』は、ブスを自認した山崎ケイさんによるブスのためのモテテク本ですが、もし、この本のタイトルが「人生が楽しくなる幸せの法則」だったら、あまたのモテテク本の中に埋もれ、日の目を見ることはなかったかもしれません。それだけ、ブスという言葉にはインパクトがあるのです。

 

山﨑ケイさんは「ちょうどいいブス以上にハマる言葉が見つからなかった」と言っていますが、女性誌的には「ブサかわ」でも「ニュアンス美人」でも「雰囲気美人」でも、近しい言葉はいくらでもあるんです。でも、ブスのほうが断然強い。反感覚悟の言葉選びであるなら、「ちょうどいいブス」はグッドチョイスと言えましょう。

 

とはいえ、夏菜さんをちょうどいいブスに設定し、「全女子はまず自分をブスだと思え。そしてちょうどいいブスを目指せ。そしたら幸せになれるから」というドラマのアプローチは、無理があったと言わざるを得ません。

 

原作は、ブスコミュニティーでお互いの傷口をなめ合ったり塩を塗り込んだりしている方々向けだからこそ成立しているのです。コミュニティー外から一方的に、しかも上から目線で(ドラマでは山崎ケイさんがちょうどいいブスの神様設定)「ブス」と言われ、「ブスはブスでもちょうどいいブスになれ」と言ってくるというのは、受け入れがたいものです。

 

 

■夏菜じゃなければ満足したのか!?

 

「ブスだから幸せになれない」「ブスだからモテない」「ブスだから生きててもつまらない」「ブスでどうしたらいいのか」という悩める人たちにとっては、「ブスはブスだからって人生を悲観してウジウジしてるんでなく、ちょこっとだけ頑張ってちょうどいいブスまで高めれば私くらいはモテるようになるよ!私が習得したテクニックを教えるよ!」という山崎さんは、ちょうどいいブスの神様たる存在でしょう。

 

しかし、顔面偏差値が夏菜レベルの女子にとっては、ありがた迷惑なだけです。「絶世の美女や限界値を超えるブスを目指せというならまだしも、中途半端なブスに成り下がってなにがおもしろいのか」というわけです。

 

しかも、そのちょうどいいブスの塩梅というのが「男性目線で“酔ったらイケる”女性」なもんですから、いろいろこじらせて幸せになれていない婚活コミュニティーの面々からすれば、「はぁ? そのレベルはゆうに超えてるわ!」「そんなもんは幸せじゃない! 舐めてんのか」となるわけです。唯一、高齢処女の方々の中に「なれるものなら酔ったらイケる女になって、そろそろ本気で処女を捨てたい」「私はドラマの情報解禁があったときから、来年はこのドラマを絶対に見ようと思っていた」という意見がチラホラありました。

 

とはいえ、それは全体から見るとごく一部であり、大方は「お前にブスとか言われたくない」という気持ちになったようです。「お前」というのは山崎ケイさんではなく、世の中のすべての他人から、ということです。

 

原作にもありましたが、「私って、ちょうどいいブスなんですよ~」と自称するのは勝手ですが、人からブスと言われるのは本当に本当にイヤだし傷つくものなのです。なのに、ドラマは「お前はブス!」と面と向かって言い切った感があります。そこが不快と感じさせた根幹なのだと思います。

 

とはいえ、号泣しても怒鳴っても舌打ちしてもかわいいとか、大きなマスクをしても、画質が粗い状態でも美しさがほとばしってしまうという美人芸能人レベルでない限りブスと定義してみてください。その上で、「愛嬌があって賢いブス」を目指すというのはいいことだと思いませんか。図らずも頭文字をとるとAKB。平成を象徴するワードになりました。

 

ブスは人を貶める言葉です。人に向かって言ってはいけません。

 

 

■自称ブスの方々にリサーチしたリアルな「人生が楽しくなる幸せの法則」

 

「老若男女問わず、どんな相手にも、こっちのブス加減を感じさせないことがキモだと思います。子供とか、ブスを見ると平気でブスって言ってきますからね。

 

これは山崎ケイさんがテレビで言ってたことなんですけど、山崎さんがメガネをかけているのって、メガネにブスを散らす効果があるからなんだそうです。メガネの印象が強いと、ブスのほうに気が回らなくなるというわけです。

 

それと同様に、繊細に揺れてキラキラ光るイヤリングとか、寄せて上げて盛って、たわわな胸にできる高機能ブラジャーとか、ブスを目くらましできるアイテムを可能な限り集めて活用するのがポイントだと思いますよ。私、自分のことかわいいと思ったこと一度もありませんけど、会社の人とかと飲みに行ったりすると、“〇〇さん(私)ってかわいいよね”とかけっこう言われますもん。

 

あと、そういう時に“そんなことないですよ~”とかムダに謙遜しないで、“ありがとうございます”っていうのもコツ。人からかわいいって言われ慣れている感が出ますから。あと、冗談めかして“あれ~、私のこと好きなんですか~?”って切り返すのも効果ありますよ。この場合のポイントはボディータッチをしないことです。エロい会話をボディータッチとの合わせ技にすると、ブスは一気に下品になるので」(28歳・PR)

 

 

「ブスが幸せになるには、とにかく美人と美的レベルで張り合わないことですね。美人は本当に美人なんで、もう、ブスがちょっと小細工するくらいじゃ太刀打ちなんかできないんですよ。努力しても無理って時の無力感って、人生をさもしいものにするんです。

 

とはいえ身の程を知ってブスのままでいろというわけじゃなくて、自己ベストを目指す。まさに“ライバルは昨日の私”ですよ。今はプチプラのメイクアイテムだってそうとう優秀で、お金をそれほどかけなくても、テクニックで簡単にかわいくなれるじゃないですか。

 

ブスの場合、とくに毛が重要。眉毛を丁寧に描く、まつ毛を程よく上げてマスカラで補強してアイラインを引く、鼻毛と口のまわりの毛をきちんと処理する。あと、顔回りの髪の毛ですね。前髪とサイドの毛をちゃんとブロウするだけで、各段に顔面偏差値があがります。

 

こんなブスですけど、この前もレストランに行った帰り、レジでお会計していたら配膳をしてくれていた若い女の子に“すっごいキレイで、憧れちゃいます”って言われました。そういうのって、ホント嬉しいんですよね。ライフのハートが5個くらい増えた気持ちになります」(出版社勤務・36歳)

 

 

■究極の幸せになる法則は“モテたいと思わないこと”!?

 

「モテたいと思わないことじゃないでしょうか。私は誰彼かまわずモテたいとは思ってません。自分が好きだなと思う相手に嫌われたくないって思っているだけ。だから、モテテクとか知りたいとかも思わないです。だって、モテテクって、基本“媚び”が入るじゃないですか。人に媚びるのって、みっともないと思います。

 

そりゃ男性は、たとえこっちがブスだとしても女性から持ち上げられたら、悪い気はしないと思いますよ。っていうか、気分がいいでしょうね。でもブスの場合、そこで終わっちゃうんですよ。喜ばせ損というか、別にこっちを好きになってくれるわけじゃないし。

 

というか、どうでもいい人に好感持たれても、それもメリットないですよね。お金くれるわけでもないし。ストーカーとかになられても困るし。キャバ嬢という、お金もらって媚びてる職業があるのに、無料でするなんてバカですよ。ということで、私はムダに媚びないということで、自分を摩耗から守っています。ブスが男にとって都合のいい女に成り下がったら、それってもう地獄ですよ」(フリーランスライター・34歳)

 

 

「私は、邪悪な気持ちを持たないようにしています(笑)。ごにょごにょ考え始めると、どんどん邪悪の沼にハマってしまうので、心が濁るものは徹底的に避けています。たとえば、世界の悲惨なニュースとか、海外のクリミナルドラマとか、目にすると胸が苦しくなってしまうもの。

 

もともと私は皮肉屋でねちっこくて、理屈っぽい性格なんです。しかもブスなので、自分で言うのもなんですが、陰気くさいんですよね(笑)。でも性格ってこの年まできたら、簡単には変わらないんですよ。変わらないものを変えようとしてもムダなので、それなら環境のほうを変えればいいんじゃないかと。

 

たとえば、美しい海の中の映像を見るとか、絶対悪口を言わない笑顔がかわいい人たちだけと一緒にいるとか、その程度のことなんですけど、どんなに性格が悪くても、その性格にひっかかる要素がない環境であれば、脳が機能しなくなるんです。

 

悪口言うときって、顔も邪悪な感じになるじゃないですか。ブスに磨きがかかってしまうんですよね。でも、思考が停止しているときには、ふわっとほにゃっとした表情でいられる。いい言葉ではありませんが、アホになるというか……。そのくらいが私には、ちょうどいいと思っています。自分で言うのもなんですが、最近は友達から親愛を込めて天然ちゃんって呼ばれたりしちゃうんですよ(笑)」(広告会社勤務・29歳)

 

☆☆☆

 

筆者は「ちょうどいいブス」自体が、悪い言葉だとは思いません。ただし、それは「自称に限る」です。ブスはブスでも、ちょうどいいブスなら不幸とは無縁とも思います。でも「だからちょうどいいブスになれ」というのは、やっぱりちょっと違うんだよな。幸せか不幸せかなんていうのは、本人の心の持ちよう。人に言われるんじゃなくて、自分の問題。これに尽きるんだと思います。つまりは余計なお世話だよ、と。

 

「メガネでブスを散らす」というのはぜひとも取り入れたい。

 

文:白玉あずき

 


白玉あずき

東京都出身。清泉女子大学卒。学生時代より活字メディアに携わり、四半世紀にわたり女性のおしゃれと恋愛とダイエットについて考察、記事にする。現在は雑誌や単行本の編集、制作に加え、女性コンテンツのプロデュースやディレクションなど多分野で活動。最近の生きるテーマは社会貢献と女性支援。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Suits-womanの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

Suits-woman

Suits-woman

働く〝堅実女子〟のためのリアルライフマガジンとして発行されているSuits WOMAN。雑誌名は、働く女子のための服=スーツから付けられました。またSuitsには英語のsuit (ぴったり合う)という意味も。あなたのライフ...

Suits-womanのプロフィール&記事一覧
ページトップ