初対面、第一印象で「最高にいい人!」と感じさせる「天才的会話術」とは?

人間関係

citrus 編集部

第一印象はその後の人間関係を左右しかねないと分かっているからこそ、仕事でもプライベートでも、初対面の相手には緊張するものです。その第一印象を自分でコントロールできるとしたら?ちょっとしたテクニックで誰でも実践できますよ。

 

 

 

名乗り終えた後、短い言葉を付け加えてみてください。

 

「お会いできて光栄です」

「◯◯からわざわざお越しいただいたそうですね」

「お話を聞くのを楽しみにしておりました」

 

これらの≪感謝ワード≫を、名刺を交換して眺め、顔を上げた直後に言ってみましょう

自己紹介は相手によって使い分けると一瞬でお互いの距離が近くなる効果があるそう。その後のスムーズな雑談の進め方などテクニックが満載です。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>

 

 

 

 

「こんにちは。○○と申します。△△という会社なんですが、一応大企業各社様とも取引がございます。よろしくお願いします」

 

短い自己紹介の中に“一応”など自分を低める言葉が入っているのにお気づきでしょうか。初対面でネガティブワードを聞いてしまうと、相手は「なんだか心配な人だ、この人に任せて大丈夫かな」と不安になってしまいます。

では、正しい自己紹介の方法とは? 会話が自然に流れていく上手なキーワードの使い方や、「話しすぎの罠」に落ちない方法などもご紹介します。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>

 

 

 

 

まずは、「笑う」。…と言うと、「ムリして笑いたくない(もしくは笑えない)」と思うかもしれないが、ムリしてゲラゲラ笑う必要はない。微笑むだけで十分だ。それも苦手という人は、意識的に口角を上げるようにするだけでもいいと思う。大事なのは、相手に「私はあなたの敵ではありません」と意思表示をすること

次に、「ほめる」。最後に、「相づちをうつ(共感する)」。いかに相手に気持ちよく話してもらうか。この三つのポイントを押さえれば、初対面、どんな相手でも心配なさそうです。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

citrus 編集部

citrus(Kyrgyzdiary)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「私たちはあなたの理解を助けるでしょう」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

citrus 編集部のプロフィール&記事一覧
ページトップ