雨の日の運転が劇的にラクになる「梅雨時の車雑学」。決して使ってはいけないガラスクリーナーとは?

車・交通 Sponsored

 

■意外と知らない? フロントガラスの曇りをなくす方法

 

これから梅雨シーズンになると、濡れた路面でスリップしたり、視界が悪くなることで歩行者や自転車の発見が遅れたりと、雨の日特有の事故が多くなります。今回は雨の日特有の事故を未然に防ぎ、快適なドライブをするためにやっておきたいメンテナンスをご紹介します。


雨の日は車内が曇りやすく、エアコンを使っても曇りが取れにくい場合がよくあります。その原因は内窓の汚れである場合が多いので、まずは内窓をキレイにしましょう。この際、家庭用ではなく必ず自動車用のガラス洗浄剤を使います。家庭用では油分が含まれているものもあるので、新たな曇りの原因となる場合も……。また、自動車用であっても油分が含まれる泡タイプではなくアルコール系の液体洗浄剤がベストです。

 

フロントガラスの外側は油膜の有無をチェックします。ガラス面(撥水加工をしていない)に水を流して弾くようなら、油膜がついていると考えてよいでしょう。専用の油膜除去剤で油膜を取ったあとは、ペーパータオルで拭き上げるのがオススメ。


また、ワイパーのゴムも見逃せません。劣化していると拭き残しができて、視界を悪くするのでゴムを交換しましょう。ちなみに、筆者は撥水効果のあるワイパーを使っています。少し値段は高めですが、油膜の付着を防ぎ撥水効果も得られるので、コスパ面ではオススメです。

 


■雨の日のエアコンはどう使うのがベスト?

 

雨天走行時に欠かせない車の装備といえばエアコンです。ジメジメした車内を除湿し、窓の曇りを取る効果は大きいですよね。車内が曇ってきたら速攻でスイッチをONにしましょう。この時、外気導入もONにします。雨が降っているのに外気導入して大丈夫? と思われるかもしれませんが、車内の湿度が高くても外気は冷えているため空気中の水分は意外と少なく、外の空気を入れる方が内窓は曇りにくいのです。

 

では、エアコンを使って曇りを取る場合、何度に設定すれば良いのでしょうか? 曇りが発生する原因は内外の温度差によるところが大きいので、外気とあまり変わらない温度か少し高めに設定するのがベストです。車内を冷やしすぎると結露して曇りが発生します。また、近年の自動車用エアコンは家庭用と同様に高度で細かい制御が行われているので、適度な温度設定は燃費面からみてもオススメです。


急いでフロントガラスの曇りを取りたい場合は、デフロスター(フロントガラスの曇り止め)を最強にして使います。暖かく乾いた空気を送り込むことで、みるみるうちに曇りが取れていきますよ。

 

 


■スリップ事故に要注意! タイヤ交換は梅雨シーズン前が安心

 

雨天時の走行で気を付けたいのがスリップ事故です。その多くはタイヤが摩耗し、溝が浅くなっていることが事故の原因となるため、前回のタイヤ交換から2年以上、1.5~2万キロ以上経過している場合はスリップサインの状態を含めて点検しておきましょう。

 

そして、「だいぶ溝が減っているけど、まだ大丈夫そう」との自己判断で交換を先延ばしにするより、早めに新しいタイヤに交換して安心と安全を手に入れておくことをオススメします。これから雨が多く降る時期ですから、なおさら早めが安心です。


「でも、タイヤは高価だしタイヤ交換となると何となく面倒で…手間も時間もかけたくない」という方には、でのがベストな選択です。

 

国内外の一流ブランドタイヤがリーズナブルな価格で購入でき同時にもOK。が提携している取付店は、なんと全国4,000店以上! ガソリンを入れに行く感覚でが可能になるのです。さらに、で購入したすべてのタイヤにはが6か月間無料で付帯されており、道路走行中のパンクやバースト、交通事故によるパンクも含めて無償交換に対応しています。有償のなら保証期間が4倍の24か月となり、1本のパンクで4本すべてを新品に交換してくれますよ。

 

 

 

 


提供:

この記事が気に入ったらいいね!しよう

株式会社カーフロンティアの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

自動車生活ジャーナリスト

加藤久美子

山口県生まれ 学生時代は某トヨタディーラーで納車引取のバイトに明け暮れ運転技術と洗車技術を磨く。日刊自動車新聞社に入社後は自動車年鑑、輸入車ガイドブックなどの編集に携わる。その後フリーランスへ。一般誌...

加藤久美子のプロフィール&記事一覧
ページトップ