「子供しか入れないお菓子屋さん」を会社に応用してみると…

人間関係

 

あるテレビ番組で、「子供しか入れないお菓子屋さん」の話題を目にしました。

 

本店の横に、小学生以下限定で大人は入れない店舗があり、その中ではお菓子の製造工程が見られたり、目の前で焼きたてのお菓子を焼き上げてくれたり、ゲームで当たるとシールがもらえたりと、入店した子どもたちにしかわからないサービスがあるそうです。

 

お店のオーナーがこの場所を作った理由は、この店の中で何が売られているのか、どんな風になっているのかということを大人が知るには、中に入ることができる子供から聞くしかなく、そうすれば、大人と子どもがコミュニケーションを取るきっかけになると考えたからだそうです。子どもの「伝えたい」と大人の「知りたい」を生み出して、昔の町内会のようなコミュニケーションを復活させたかったのだそうです。

 

私がいろいろな会社にうかがう中でも、課題として挙げられることが最も多いのは、コミュニケーションに関することですが、この話からあらためて考えてみると、この「伝えたい」と「知りたい」が両立していないことがほとんどであることがわかります。

 

・社員があまり信頼できない上司に「伝えたい」とは思っていない

 

・自分のミスや不手際などできれば言わずに済ませたい「伝えたい」とは思わないようなことである

 

・お互いが自分のことで精いっぱいで、相手のことを「知りたい」と思う余裕がない

 

・そもそも上司や部下など、相手のやっていることには興味がなくて、「知りたい」と思っていない

 

などということがあるでしょう。

 

さらに、部下は現場で起こっている苦労を「伝えたい」のに、上司はその結果だけが「知りたい」など、思いが食い違っていることもあるでしょう。

 

これを少しでも改善するには、このお店のように、何か工夫をすることが必要です。言いづらいことを頑張って伝えたら結果的に良かったとか、興味がなくても聞いているうちに興味深い情報が得られたとか、そういう経験があればそれが「伝えたい」「知りたい」のきっかけになるでしょうし、伝えること、知ることの行動自体に何かインセンティブが設けられていれば、それが「伝えたい」「知りたい」につながっていくこともあるでしょう。

 

コミュニケーションは、無理やりやらせようとしてもなかなか効果は上がりません。会議体を作る、面談を実施させる、ITインフラを作る、報告を義務付けるというようなことでは、うまくいかないことも多いと思います。その理由は「伝えたい」と「知りたい」を、均等に生み出していないからだと思います。

 

ただ、このお店の例を見ていると、何か人の気持ちを刺激する仕掛けがあることで、そのきっかけを生み出すことができそうです。親子間のようにはいかないかもしれませんが、組織作りのためには、こういうことも考えていかなければならないのだと思います。

オーサーの個人サイト

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

ユニティ・サポート

小笠原隆夫

IT業界出身で現場のシステムエンジニアの経験も持つ人事コンサルタントです。 人事課題を抱え、社内ノウハウだけでは不足してその解決が難しい企業、100名以下から1000名超の企業まで幅広く、人事制度構築、...

小笠原隆夫のプロフィール&記事一覧
ページトップ