あなたの脳はまだまだ進化途上!? 中年から始める「脳の育て方」

ヘルス・ビューティー

citrus 編集部

年齢を重ねて記憶力に自信がなくなったり、もの忘れが多くなったり、集中力が続かなかったり……。年々、脳の衰えを感じている人も多いと思います。老いに抗い、脳を進化させていくことはできないのでしょうか?

 

 

■「生まれつき」だと諦めなくていい!地頭を鍛える方法とは

大人になってからでも地頭を鍛えることは可能です。常に目の前の物事に好奇心と疑問を持ち続け、それを鍛え続けることが、地頭を良くする方法でしょう。

 

地頭が鍛えられる思考能力を常に発揮している人は、じつは「ネガティブシンキング」の人たち。毎日の問題点を自然に発見できる器質が「心配症」と呼ばれるネガティブシンキングです。

私達の脳は基本的に省エネ志向が強く、なるべく考えないようにしてエネルギーの無駄遣いを避けているという菅原先生。地頭を鍛えるには、具体的にはどのようにすればよいのでしょうか?

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>【SNSで話題】「地頭」は“アグレッシブなネガティブシンキング”で鍛えられる

 

 

 

 

■中年以降、脳を成長させるには?

実は、工夫しだいで人は死ぬまで脳を成長させることができる。

加藤氏は脳内科医で、これまで1万人以上の脳のMRI画像を使って分析し、診断・治療してきた脳のスペシャリストである。

 

加藤氏のこれまでの経験から出た結論は、以下の3点。

1.脳には個性がある

2.脳の形は日々変化する

3.脳は使えば使うほど成長する

脳は100歳を過ぎても成長させることができるし、自分でいくらでも変えられるのだそう。具体的にはどのような行動が有効なのでしょうか?

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>死ぬまで脳は成長させられる!? 脳内科医が教える健康な脳の作り方

 

 

 

 

■脳の活性化、ボケ防止、集中力アップに「漢字」が効く

漢字は脳の活性化やボケ防止によいとも言われており、老若男女問わず幅広い世代の生涯学習の対象にもなっています。小学校の低学年、あるいは幼稚園のころから難しい漢字を覚える教育指導をしたり、80代になってから初めて漢字検定の受検にチャレンジするというケースもあります。実際に、漢字検定の最高峰である一級の試験に最年少で合格した小学生もいます。漢検一級に出題される漢字は6000字が対象ですから、合格した小学生は学校教育以外にも相当な勉強をしたことでしょう。

漢字を(目で)読むことと(手で)書くことでは、頭の使い方がだいぶ違うのだとか。毎日少しずつでも鉛筆やボールペンを使っていろいろな漢字を“丁寧に”書くことオススメだそうです。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>脳の活性化、ボケ防止、集中力アップに効く「漢字力」

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

citrus 編集部

citrus(Kyrgyzdiary)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「私たちはあなたの理解を助けるでしょう」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

citrus 編集部のプロフィール&記事一覧
ページトップ