「逆子は遺伝する」って本当?危険性は?治す方法は?

ヘルス・ビューティー

桑満おさむ

 

■逆子(骨盤位)は遺伝する?

 

通常赤ちゃんはお母さんのお腹の中にいる時は頭が下でお尻が上を向いています。それが逆になっている赤ちゃんを「逆子」と一般的には呼びますが、医学用語では「骨盤位」と言います。私は「あんたは生まれた時、なかなか泣かないで、お医者さんが逆さにしてお尻を叩いて初めて泣き出したんだよ」と言われてきたのですが、母子手帳を見ると逆子だったようです。近年は逆子(骨盤位)での、自然分娩はリスクが高いので病院で出産する場合は帝王切開することが常識化しています。麻酔技術の進化と万が一の医療事故を懸念して、帝王切開を選択するのですね。

 

実は「逆子は遺伝する!逆子で生まれた親の子供は2.2倍の確率で逆子になりやすい!」

ってこと、ご存知でしたか?

 

正常分娩に比べると、頭が最後に体外に出てくるために引っかかりやすくなり、難産となりやすく、母子ともにリスクが生じます。その逆子が遺伝する、ってどういうことなのでしょうか。

 

 

■逆子は2.2倍の確率で遺伝する、って本当?

 

逆子で生まれてくるのは、医学技術が十分でなかった時代は、赤ちゃんも母親も出産時に死亡してしまう危険性がありました。進化に伴う自然淘汰を考えると、せっかく妊娠しても逆子(骨盤位)で出産時期を迎えることは、リスキーであり逆子の遺伝子は淘汰されてしまっている可能性もあります。しかし、現実的に3パーセント前後の程度の確率で元気な赤ちゃんが今でも生まれてきています。こんな記事を目にしました。

 

「遺伝学的に逆子はリンクしている」というのが直訳ですが、このタイトルがネットをフラフラしていた私(元逆子)の目に飛び込んできました。いつも口を酸っぱくして「いくら新聞であっても、一次ソースを確認しなきゃ」と言ってますので、有言実行で探しました、元の論文はこれです。

 

ノルウェーで1967年から2004年の間の出生数(220万例)を調べて、二世代に渡って「逆子」で生まれてきた人の数を調査したところ「親が逆子だったら、生まれてくる赤ちゃんも逆子になる確率は2.2倍になる」との結果になりました。

 

この研究の興味深い点は、赤ちゃんはお母さんのお腹で育つんだから、逆子の遺伝子があったとしたら母親からの遺伝じゃないの?と考える方も多いと思いますが、なんと父親が逆子であった場合も同等の確率で遺伝するんことを示しています。

 

 

■なんで逆子が生まれる研究をしていたのか?

 

逆子である場合のリスクとして考えられるのは、分娩時だけです。一番大きな部分である頭が最後に出てくるために、出産が長時間に及んだり、へその緒が圧迫されたり、ヘソの緒が首に絡まったりする可能性があり、リスキーとされています。ここで重要なことは、現代医学においては逆子での出産はリスクの高いものではない、逆子であることを、お母さんは余計な心配をする必要はないことを強調しておきます。

 

元の論文で「risk」という言葉を使っていますので、逆子は危険、という考え方も裏にあると思われます。ノルウェーは福祉大国として知られています。日本と違って出産費用も全額保険でカバーされます。また、どちらかといえば自然派思考があり、自然分娩を望む人が多いのです。と、なると分娩時のリスクがある逆子が気になる人も多いために、このような研究が行われたのではないか、と勝手に考えている次第です。

 

 

■逆子は治せるの?

 

妊娠のはじめの頃はお腹の中で赤ちゃんは、あっち向いたり、こっち向いたり激しく動き回っています。妊娠8ヶ月くらいになると大きく育った赤ちゃんは、狭い子宮内で動き回れなくなり、頭が上を向いているとそのまま逆子決定となってしまいます。日本では妊娠中に「逆子です」と言われた母親は(父親もですが)「帝王切開になるんだ」と考えます。となると事前に上になっている赤ちゃんの頭を下に向ける方法ってないのか?とネットで検索する両親も多いかと予想します。

 

逆子(骨盤位)を修正する方法としては以下のものがあります。

 

・外転術と呼ばれる、お腹の外から赤ちゃんを強制的に回転させる方法

この方法は医師や助産師さんが行いますので、ネット上で散見される方法をご自分では、絶対に試さないでくださいね。

 

・逆子を治す体操

逆子と言われた方はまず、骨盤位を治す体操を行うことを医師あるは助産師さんに勧められるようですが、どれだけ効果があるのかは不明です。

 

・お灸や鍼

全日本鍼灸学会によれば35週目から治療を行えば、75.4%が改善するそうです。「」より

 

帝王切開に対してお母さんは、手術の傷跡が気になるところではないでしょうか? 今は昔のように派手な傷跡を残さない工夫を多くの産婦人科医が工夫してくれます(緊急時や他の疾患がある場合は別です)。逆子と言われて動揺する必要性は全くありませんので、心穏やかに妊娠ライフをお送りくださいね。

 

家人のお腹には、水着になっても見えない場所に、薄っすらと、小さな手術跡があります。少なくとも当家では遺伝していました…。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

桑満おさむ

「地元密着型」というコンセプトで1997年目黒区で開業。 専門は泌尿器科ですが、専門以外の病気であっても「五本木クリニックに相談しよう!」と思っていただけるクリニックを日々作りあげています。 美容皮膚科・美...

桑満おさむのプロフィール&記事一覧
ページトップ