99円の無印良品「片面クリアケース」は小物整理にぴったりでした!

ライフスタイル

&GP

 

片面が透明になっている無印良品の「片面クリアケース」(99円)。付箋やピンなど小物類の収納はもちろん、収納場所に迷いがちな充電器の収納にもぴったり。スライダーがぴったり閉まるメリットを活用した使い道もあります。

 

そこで今回は、片面クリアケースに身の回りのものを収納した活用方法をご紹介。気に入るものがあれば、ぜひ取り入れてみてください。

 


■片面が見えるから中身を簡単に確認できる

 

「片面クリアケース」は小物類を収納できる片面が透明なケース。中身がひと目で確認できるため、わざわざ中をのぞく必要がありません。

 

サイズは2種類。カラーはホワイトグレーとダークグレーの落ち着いた2色を選べます。

 

▲片面クリアケース(99円・税込、以下同)。サイズは左が縦約120×190mm、右が縦約100×165mm

それでは、さっそく片面クリアケースの便利な活用方法を見ていきましょう。

 


1. 文具類をすっきりまとめる

 

まずはデスク周りの小物類を整理しましょう。クリップやピンなどが散らかりがちな文具類はまとめて収納してすっきり。付箋やペンの替え芯などのストックを入れておいてもいいでしょう。

 

▲クリップや付箋を収納。使用したのは両方とも小さいサイズ

 
2. 通帳入れとしてもちょうど良いサイズ

 

「片面が透明なケース」の大きいサイズは通帳入れとしてもバッチリ。私は普段、布のケースに通帳をまとめて入れていますが、いざ使うときに中身を一旦取り出さないといけないのが不便なんです。とはいえ、クリアケースだと通帳を持っているのが他の人に知られてしまい防犯面で不安…。

 

片面クリアケースならそんな悩みが不要に。通帳の裏面を外側に向けて入れて口座番号などのプライバシーを守りつつも、パッと見てどこの銀行の通帳かを一瞬で見分けられます。サイズは大きい方のケースがぴったり。

 

▲通帳を収納。小さい方には入らなかったため、大きいサイズを使用

 
3. 余分なカード類を整理する

 

「いつか使うかもしれないし…」。チリツモとなったカード類も片面クリアケースに入れちゃいましょう。ポイントカード、診察券、普段使わないクレジットカードなど分類ごとに収納するのがおすすめ。

 

▲小さいサイズのケースにカード類を収納


4. 薬を出先に持ち出しやすくなる

 

出張や旅行に行く際、薬や絆創膏用のケースとして持っていくのもアリ。薄いため薬ごとに小分けにしてもかさばりません。頭痛薬、風邪薬、胃薬…忘れ物チェックはひと目でOK。

 

▲小さい方のケースに薬や絆創膏を分けて収納

 
5. 充電器

 

出先にスマホの充電器を持ち運ぶとき、大きいサイズのケースに入れれば取り出しがスムーズに。小さい方にはイヤホンを。カバンのなかで行方不明になったり、コードが絡んだりするストレスが解消されます。

 

▲コンパクトデジカメの充電器を大きいケースに、イヤホンを小さいケースに収納。同様にiPhoneの充電器を試すと入ったが、Android用のACアダプタは入らなかった

 
6. 簡易的なスマホの防水にも

 

最後に、意外な使い方をご紹介。片面クリアケースはスライダーがぴったりと閉まるため、ちょっとした水濡れ防止にも使えるんです。最近では高い防水性能を持つスマホがほとんどですが、濡れたスマホを拭くのが面倒だったり、濡れた状態だと操作がしづらかったりしますよね。

 

とくにこれからの季節、キャンプや海などに出かける人に役立つかもしれません。ただし、あくまで簡易的な防水・防塵程度として考えてくださいね。

 

▲水を飛ばしたが、ぴっちり閉まっているので大丈夫。小さい方のケースにはiPhone8がぴったり収まる。iPhone XS以上なら大きい方のケースに。入れた状態でも、問題なく操作できた

* * *

 

1枚たったの99円。なのにいろいろと活用できる便利な「片面クリアケース」。身の回りの整理整頓に役立ててみてはいかがでしょうか。

 

>> 無印良品

この記事が気に入ったらいいね!しよう

&GPの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

&GP

&GP

&GP(アンドジーピー)は雑誌Goods Press(グッズプレス)がプロデュースする 家電、デジタル、スマホ、IT、クルマや乗り物、時計、靴、鞄、アウトドアなどの最新ギア、 how to、注目したい人物を紹介するwebメディ...

&GPのプロフィール&記事一覧
ページトップ