お客様を神様と思うのは従業員であって、お客様自身ではない

人間関係

川乃 もりや

お客様を神様と思うのは従業員であって、お客様自身ではない

 

犯人はすぐに逮捕された。

 

 

こういった、店舗を相手にむちゃくちゃなことをするトラブルは多い。今回のような恐喝だけではなく、自分たちが思った通りに従業員が対応しないと怒り出すのだ。

 

人とは思わぬ従業員の扱いに、我慢のならない時がある。根底あるのは、対お客さんとの関係性が問題なのではないだろうか。

 

世界に誇る“おもてなし”の精神、日本のサービスレベルを上げていったのは「お客様は神様である」と言葉であるとは思うが、間違った伝わり方をしているという意味では、最悪の言葉だ。

 

では、その間違いがしっかりと記載されている。

 

三波春夫さんの公式サイトによる「お客様は神様ですについて」の記載は、結構有名な話で、多くの人が知っているだろう。最初に読んだ時は、なるほどと自分の間違いに恥ずかしくなり、それと同時に感動を憶えたものだ。

 

要約としては、三波春夫さんは自分の芸を観客に見せる際の心構えとして「神様に捧げるように」と、「お客様は神様です」のフレーズを使ったと書いてある。

 

 

気を使ってだろうが、商店や飲食店でいうお客様とは違うと書いてあるが、商店や飲食店でも同じだ。相手を敬う気持ちでいることには変わりないという意味では……。

 

しかし、お客様を神様と思うのは従業員であって、お客様自身ではない。これを読めば「俺は神様だからあんたら従業員は俺のパシリだ」っていうのがオカシイことに気がつくだろう。それ以前に、自分より立場の弱い人に対して傍若無人な態度をとってもいいのだろうか?

 

トラブルになり、お客さんが「お客は神様だろ」と言っても、従業員達は否定しないだろう。なぜなら、従業員達はそう思っているからだ(ココは勘違いしないでもらいたい。神様と思っているのではなく、敬っているからだ)。

 

そして「いやいやあんた達は神様じゃなくて人間だろ」と、言ってしまうと、自分達が本当に格下になってしまうことを知っているからだ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

川乃 もりや

コンビニ本部社員からコンビニオーナーを経験。現在、コンビニ関係の記事を書いているコンビニライター&アドバイザー

川乃 もりやのプロフィール&記事一覧
ページトップ