お母さん!お子さんにそれを伝えるのは、今ですか?

ライフスタイル

 

なんのかんの言っても、やはり押し付けはイヤ。

 

「今でいいのかな…」

「大丈夫かな…」

 

ちょっと意識するだけで、大いに効果がある。

 


先日、とある自動車ディーラーに行きました。
これまで購入したことのないお店でしたが、吉祥寺の街を歩いている時、チラシを手にし、行ってみてもいいな、と思ったのでした。より正確に言うと、3週間ほど前にチラシをもらい、翌日には行ったのです。
が、試乗車がない、とのことで、手配できたら連絡する、という話で、その後、何もなかったのです。


実際、私としてもそのディーラーのことをすっかり忘れていました。
そんな時、「試乗車が来ました」と電話をいただき、
「あ、そうだった」
ということで、行ってみたということです。


試乗そのものは、まあ、楽しかったです。
が、低速で走っている時のギア選択がスムーズでないのか、どうもギクシャクする感じがあることと、アクセルペダルとブレーキペダルが近く、気をつけないと、ブレーキペダルを踏む時、一緒にアクセルペダルも踏んでしまいそうなのです。60点ぐらいの満足度で、お店に戻って来ました。


思えば、今は12月です。
月末までに納車しようと思えば、手続きの諸々を考えると、リミットが近づいています。
当然、営業マンはクロージングを焦ります。


とうとう、
「もう、今、決められませんか?」
と言われ、閉口して帰って来ました。

初めての試乗で、今決めろ、と言われても、そこに心を動かされる熱意は感じられませんでした。


そもそも、その車にさほど満足していないのですから、どんなアプローチがあっても、決める可能性は、とても低いわけです。それに加えて、3週間の放置を経て、15分の試乗で、はい決断しませんか?は無理ですね。


強引に背中を押してもらえることは、車のように大きい買い物では必要なことでもあると思います。が、背中を押す価値があるのは、押してほしいと本心では思っている時だけです。当たり前のことですよね。押す人の都合で、押されても困ります。怖いだけです。


お子さんに勉強や、生活習慣の改善、実行を求める時、このことを少し考えてみてほしいな、と思います。


子どもにとって、ウキウキするようなことでもない限り、実際上は、「押し付け」が必要です。ただ、あまりにいつでも押し付けでは、それだけでやる気が無くなります。「今、大丈夫かな…」と、頭の片隅で考えてみるだけでも、そのゆとりがお子さんには救いになるのです。

 

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

私立小学校校長

青木洋介

1976年生まれ、都内私立小学校校長。 2013年「むさしの学園小学校の母親を変える教室」出版。 低学年から高学年までの担任を経験する中で、子どもが安心して活躍するためには、まず、母親がイキイキしていることが大...

青木洋介のプロフィール&記事一覧
ページトップ