漢方薬剤師・薬学修士

笠井良純

東京薬科大学大学院博士課程前期修士課程修了。薬学修士。渋谷区で大正10年から続く薬局の三代目。大学院修了後、日水製薬株式会社中央研究所勤務を経て実家の有限会社笹塚薬局を継ぐために漢方の勉強を始める。

なぜその植物が生薬として使われるようになったのか、を紐解く独自の「生態生薬学」を創設。体の熱代謝と水分と病気の関係を研究し、「体の過剰な水分が冷えの元となって熱が内攻してすべての病気を引き起こす」という理論によって、相談に訪れる患者のさまざまな病気に対し、独自の漢方処方で症状を改善させている。日中医薬研究会会員、同事務局理事。東京漢方教育研究センター理事歴任。生態生薬学研究会主宰。
笹塚薬局 http://www.sasazuka.co.jp/



「笠井良純」の記事