介護ジャーナリスト

小山朝子

介護福祉士の資格を持つ介護ジャーナリスト。20代から9年8ヶ月にわたり洋画家の祖母を介護。その実体験をはじめ全国の介護現場の取材経験や一介護職からの視点もふまえ、各地での講演や執筆活動を展開している。 ラジオNIKKEI「 大人のラヂオ」でパーソナリティも担当するなど、テレビ・ラジオ等メディアへの登場実績も多い。全国学校図書館協議会選定図書『介護というお仕事』(講談社)ほか著書多数。現在、日本在宅ホスピス協会役員、高齢者アクティビティ開発センター講師・評議員、横浜市救急業務検討委員会委員などをつとめる。 



アサブロ。:

「小山朝子」の記事